ZAQ、ホームページフィルタリングサービスを8月よりスタート | RBB TODAY

ZAQ、ホームページフィルタリングサービスを8月よりスタート

エンタープライズ その他

 関西マルチメディアサービス(ZAQ)は、8月6日よりカテゴリごとのホームページアクセス制限をかけることができる「ホームページフィルタリングサービス」を開始する。ZAQ会員向けで、料金は無料。

 このフィルタリングサービスは「ヌード」「セックス」「暴力」「言葉・表現」「カルト・オカルト」「ギャンブル」の6カテゴリについて、5段階の制御がかけられる。フィルタリングを行う時間帯を設定できるほか、アクセス履歴やWindows 2000 / XP環境ではログインIDごとの制御設定が可能。専用ソフトウェアをインストールして利用する。

 また、同じく8月6日より、ブラウザでZAQのメールの送受信ができる「どこでもWEBメールサービス」も開始される。PCのほか、携帯電話(iモード / J-SKY / EZweb)からも利用できる。こちらも料金は無料。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top