BUGBEAR.Bの被害が欧米で拡大中。日本でも感染が報告される | RBB TODAY

BUGBEAR.Bの被害が欧米で拡大中。日本でも感染が報告される

エンタープライズ その他

 WORM_BUGBEAR.Aの亜種「PE_BUGBEAR.B」(W32/Bugbear-Bともいう)の感染報告が増加している。このことからトレンドマイクロとソフォスの2社は警告を出し、注意を呼びかけている。トレンドマイクロでは、PE_BUGBEAR.Bの危険度をVAC-3に引き上げた。

 PE_BUGBEAR.Bは、メールで感染するウイルス。感染すると、ネットワークを介して自分自身をコピーして拡大するほか、ワームやバックドア活動を行う。

 多くはヨーロッパやアメリカを中心に被害が拡大、日本国内での感染被害の報告はまだ少ないようだが、いずれにしても早めにアンチウイルスソフトをアップデータ、もしくはパターンファイルを更新しておいたほうがよいだろう。
《RBB TODAY》

特集

page top