シマンテック、多数のバッチファイルで構成されたワーム「Bat.Mumu.A.Worm」について警告 | RBB TODAY

シマンテック、多数のバッチファイルで構成されたワーム「Bat.Mumu.A.Worm」について警告

エンタープライズ その他

 シマンテックは、多数のバッチファイルとハッキングツールが連動して動作するワーム「Bat.Mumu.A.Worm」(Mumu.A)について警告している。

 Mumu.Aは、7つのバッチファイル、4つのEXEファイル、1つのDLLファイル、4つのテキストファイルが連動して動作するワーム型ウイルス。狙われるのは近隣ネットワーク(主にLAN)の共有フォルダで、ハッキングツールを起動して管理者パスワードを探索、共有フォルダ上に感染を広めるという。

 Mumu.AはIPアドレスが近接するPCに対して感染を広げようとする。この動作がネットワークに負荷をかけるおそれがあるものの、バックドアやシステム破壊は行わないということだ。ただ、バッチファイルベースということで亜種がつくりやすいと思われ、破壊的な亜種がすぐにも登場するものと思われる。
《RBB TODAY》

特集

page top