日本通信、PHSデータ通信と無線LANを切り替えるツールを発表。モニタを募集 | RBB TODAY

日本通信、PHSデータ通信と無線LANを切り替えるツールを発表。モニタを募集

ブロードバンド その他

日本通信、PHSデータ通信と無線LANを切り替えるツールを発表。モニタを募集
  • 日本通信、PHSデータ通信と無線LANを切り替えるツールを発表。モニタを募集
 日本通信は、PHSと公衆無線LAN接続サービスをかんたんに切り替えられるソフトのβ版「bアクセスVer.3.0」を発表した。対応するOSはWindowsXPで、モニタ試験ののち同社のユーザに配布される。

 同社ではPHSによる接続サービスを提供しているが、3月のNTTコミュニケーションズの「ホットスポット」を皮切りに、BiZPortal、JR東日本/日本テレコム、JR東海/NTT-ME、みあこネットの5つの公衆無線LANとのローミングサービスも提供している。

 これらの各サービスは同じIDとパスワード利用できるが、SSIDやWEPがそれぞれ異なるため個別に設定する必要があった。今回発表されたユーティリティでは、これらの切り替えが簡単にできるようになっている。

 なお、同社では同ソフトのモニタを募集している。モニターの条件としては、同社のサービスを契約していてテスター期間の終了後にレポートを提出できることなどを挙げている。


「bアクセスVer.3.0」の画面。公衆無線LANサービスの切り替えが簡単にできるようになっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top