松下、セキュリティ設定を自動で行なう無線LAN対応ルータ「BB-HG2000」を発表 | RBB TODAY

松下、セキュリティ設定を自動で行なう無線LAN対応ルータ「BB-HG2000」を発表

IT・デジタル その他

松下、セキュリティ設定を自動で行なう無線LAN対応ルータ「BB-HG2000」を発表
  • 松下、セキュリティ設定を自動で行なう無線LAN対応ルータ「BB-HG2000」を発表
BB-GH2000
BB-GH2000

 松下電器産業は、無線LANのセキュリティ設定を自動で行える、無線LAN対応ブロードバンドルータ「ホームネットワークステーション(BB-GH2000)」を5月15日に発売する。価格はオープン価格。

 BB-GH2000はPPPoEマルチセッションに対応しており、最大2セッションまで接続可能。無線LANの通信規格はIEEE 802.11b。セキュリティ機能として64bitと128bitのWEPのほか、指定外のMACアドレスの無線LAN機器との通信を拒否できる。

 BB-HG2000は、同社が7月に発売を予定する無線LANアダプタ「BB-HGA310」のESS-IDやWEPの設定を自動的に行える。同社はこれにより、PCや「Tナビ」対応のデジタルハイビジョンテレビなど有線のEthernet対応機器を、面倒な設定なしにセキュリティの高い無線LANで接続できるとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top