となみ衛星通信、4月より下り15Mサービス投入。既存コースも一本化で内容充実 | RBB TODAY

となみ衛星通信、4月より下り15Mサービス投入。既存コースも一本化で内容充実

ブロードバンド 回線・サービス

 富山県のとなみ衛星通信テレビは、提供中のCATVインターネットサービス「TSTnet」のサービス内容を4月1日付けで改定する。

 改定のポイントは2点で、1点目は従来の「プレミアムコース」「スタンダードコース」が新「ベーシックコース」に一本化される点。ベーシックコースは、通信速度の面ではプレミアムコースと同じ下り4Mbps、上り384kbpsである一方、料金面ではスタンダードコースと同じ4,900円(多チャンネル未加入の場合)であることから、一本化はプレミアムコースのユーザにとっては実質値下げ、スタンダードコースのユーザにとっては実質的な速度アップとなる。

 2点目は、ベーシックコースに加えあらたに下り15Mbps、上り768kbpsの「スーパーコース」と下り512kbps、上り256kbpsの「エントリーコース」が追加される点。月額利用料はそれぞれ6,400円、3,700円(多チャンネル未加入の場合)で、スーパーコースは速度を求めるヘビーユーザ向け、エントリーコースは料金重視のライトユーザ向けのサービス内容となっている。

 なお既存ユーザがエントリーコース/スーパーコースにコース変更する場合には、変更手数料として3,000円が必要となる。

 4月以降のサービス内容は以下のとおり。

■TSTnet
 エントリーコース
  速度:下り512kbps、上り256kbps
  月額利用料:3,700円(多チャンネル未加入時)
 ベーシックコース
  速度:4Mbps、上り384kbps
  月額利用料:4,900円(多チャンネル未加入時)
 スーパーコース
  速度:下り15Mbps、上り768kbps
  月額利用料:6,400円(多チャンネル未加入時)

※多チャンネル同時利用の場合、上記金額の1,100円引き
《RBB TODAY》

特集

page top