FTTHは西高東低になる?NTT東西の平成15年度事業計画 | RBB TODAY

FTTHは西高東低になる?NTT東西の平成15年度事業計画

ブロードバンド その他

 NTT東日本とNTT西日本はそれぞれ、平成15年度の事業計画について認可申請を行った。これにあわせて概要が公開されているが、その中で目を引くのが加入者光ケーブル(いわゆるFTTH)の計画数だ。

 計画では、加入者光ケーブルの増加はNTT東が130万心km、NTT西は280万心kmとなっている。単純に見れば、NTT西は東の2倍以上のファイバを新規敷設する計画を持っているということだ。(ただ、計画通りにおこなわれた場合でも、年度末のNTT東におけるカバー率は80%、NTT西のカバー率は75%ということで、東の方がカバー率としては高い)

 NTT西日本エリアでは、ケイ・オプティコム(近畿)やMEGA EGG(中国)、BBIQ(九州)など電力系事業者によるFTTHサービスが多く存在しており、今年度の加入者光ケーブルの積極的な増加計画は、これへの対抗という面も強いものと思われる。
《RBB TODAY》

特集

page top