トレンドマイクロ、InterScan VirusWallの最新版発売。Sun LX50に正式対応 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、InterScan VirusWallの最新版発売。Sun LX50に正式対応

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、インターネットゲートウェイ向けのアンチウイルスソフト「InterScan VirusWall 3.8 for UNIX」を2月21日より発売する。対応OSは、LinuxおよびSolaris。

 InterScan VirusWallはゲートウェイにインストールして、メールやHTTP、FTPの転送に含まれるウイルスや不正アプレットをチェック・駆除する。今回のバージョンアップでは、HTTPのパフォーマンスがLinux版で約300%、Solaris版で約150%改善されるなどしている。また、対応OSとしてあらたに、Sun LX50(Sun Linux 5.0)とRed Hat Linux 7.3に対応した。Sun LX50に対応するウイルス対策製品としては世界初という。

 価格はボリュームディスカウントで変動するが、500〜699アカウント時で初年度3,630円/アカウントとなっている。

 対応OSおよび動作環境は以下のとおり。

■ InterScan VirusWall 3.8 for Solaris
 対応OS:Solaris 8、Solaris9
 メモリ:256MB以上
 ディスク:
  InterScan VirusWall用に20MB
  メール処理用に9GB以上

■ InterScan VirusWall 3.8 for Linux
 対応OS:
  RedHat Linux 7.0、7.1、7.2、7.3
  SunLinux 5.0
  TurboLinux Server 6.5
 メモリ:128MB以上
 ディスク:
  InterScan VirusWall用に20MB
  メール処理用に9GB以上

 なお、本製品のトレンドマイクロ エンタープライズ プロテクション ストラテジーへの対応は、現在のところ未定となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top