8Mのケーブルインターネットは12M ADSLに速度で負けてません — J-COM | RBB TODAY

8Mのケーブルインターネットは12M ADSLに速度で負けてません — J-COM

ブロードバンド その他

8Mのケーブルインターネットは12M ADSLに速度で負けてません — J-COM
  • 8Mのケーブルインターネットは12M ADSLに速度で負けてません — J-COM
  • 8Mのケーブルインターネットは12M ADSLに速度で負けてません — J-COM
 ジュピターテレコムは17日、都内で「ケーブルインターネットの実力」と題した記者説明会を開いた。その中で、同社が展開中の8M ケーブルインターネットサービスは12M ADSLより高速な傾向があり、コスト面についても負けてはいないと述べた。

ジュピターテレコム企画部課長 地平氏

 局までの配線を共用するからユーザが増えると速度が下がるといわれるケーブルインターネットだが、J-COMによれば、ヘッドエンドモデムや局間のトラフィックを監視し、トラフィックがあふれる前に機器増設をおこなっているという。実効速度についても、速度測定サイトの結果では90%点(速いほうから10%目)でこそ12M ADSLに負けるものの、20%点や中央値で12M ADSLより高い数値をとなっているとし、距離に影響されないCATVの特性のによって速度面でも十分なアドバンテージがあるとした。

集線部で計測されたトラフィックのグラフ。グラフ上端が帯域の上限で、そこまでいっていないということは帯域に余裕があるということ

サービス 下りスループット(Mbps)
20%点 中央値 90%点
Bフレッツ ベーシック(100M) 4.4 8.5 19.1
Bフレッツ ファミリー(10M) 2.8 5.1 9.2
J-COM@NetHome 8M 1.4 2.5 4.2
アッカ・OCN 8M 1.1 2.5 5.1
アッカ・So-net 8M 1.1 2.5 5.3
Yahoo!BB 12M 0.93 2.0 5.2
J-DSL・ODN 8M 0.84 1.3 4.0
J-COM ZAQ 8M 0.81 1.6 3.60
Yahoo!BB 8M 0.72 2.2 5.4
SpeedNet無線 1.5M 0.59 0.89 1.4


 「J-COM Net」については、8Mサービスで月額5,500円ということで割高な印象のあるが、モデムレンタル料が含まれていることや、5人分のメールアカウントやホームページスペース、メールウイルスチェック、URLフィルタリングなど特に家庭向けのサービスが基本サービスに含まれていると説明、一方でADSLではNTT加入電話の基本料金を含めれば5,000円以上かかると指摘し、J-COM NetサービスはADSLと比べても高くないと述べた。(J-COMは、110番通報なども可能な第一電話サービス「J-COM Phone」を提供しているため、やろうと思えば加入者はNTT回線を完全に取り外せる)

 なお、他社で始まった20Mbps〜30Mbpsのサービスメニューや、100Mbps超のケーブルインターネット、あるいはHFC網(光・同軸ハイブリッド)から完全FTTHへの移行といったよりより高速なサービスの提供については、検討はしているものの今後のスケジュールとして特に明言できる状況ではないと述べるにとどまった。

 ちなみにJ-COMでは網の大部分(98%)をHFC化しており、あとはノードからユーザ宅までを同軸ケーブルから光ファイバに変更すると「FTTH」になるわけだが、J-COM西東京局(具体的には東村山市)で実際にFTTH化する実験がおこなわれた。ただ、こうした完全な光ファイバ化については、TVなど他サービスを移行できる状況になってからのことだということで、具体的なFTTHへの参入はまだ当分なさそうだ。
《RBB TODAY》

特集

page top