アニマックス、フレッツ・スクウェアなどにまんがビデオの配信を開始 | RBB TODAY

アニマックス、フレッツ・スクウェアなどにまんがビデオの配信を開始

エンタメ その他

 アニマックスとNTTソルマーレは共同で、「まんがビデオ」の商用配信実験を開始すると発表した。実験期間は1月15日から4月14日までの3ヶ月間。

 まんがビデオは、デジタル処理によって演出効果が加えられた「まんが原画」に、効果音や声優によるセリフなどを加えた映像コンテンツで、アニマックスのビッグサンデーズ枠でも放送されている。この実験では、NTTソルマーレが展開している街頭ダウンロード端末「フービオ(Foobio)」とNTT西のフレッツ・スクウェア(大阪エリアのみ)で配信される。

 配信タイトルは以下のとおり。

[フービオ]
 ・宇宙海賊キャプテンハーロック
 ・釣りキチ三平
 ・富江
[フレッツ・スクウェア]
 ・宇宙海賊キャプテンハーロック
 ・恐怖新聞
 ・仙術超攻殻オリオン
 ・釣りキチ三平
 ・富江

 フービオではダウンロード時に話ごと課金(100円〜150円)。フレッツ・スクウェアではストリーミング配信で、タイトルごと月額(300円/月)、または全タイトルまとめての月額課金(1,000円/月)となる。
《RBB TODAY》

特集

page top