本多エレクトロン、名刺サイズの電力線搬送モデムを3月末からサンプル出荷 | RBB TODAY

本多エレクトロン、名刺サイズの電力線搬送モデムを3月末からサンプル出荷

IT・デジタル その他

本多エレクトロン、名刺サイズの電力線搬送モデムを3月末からサンプル出荷
  • 本多エレクトロン、名刺サイズの電力線搬送モデムを3月末からサンプル出荷
 本多エレクトロンは、名刺サイズの電力線搬送モデム(PLC)の試作モジュールを完成させた。従来試作機の20分の1に小型化したもので、同社は3月末からサンプル出荷を開始、量産出荷は9月末を予定している。

本多エレクトロン:電力線搬送モデム試作機


 この試作PLCは、現在使用が認められている10〜450kHzの電波を利用して128kbps(双方向)の通信を実現するもの。電力量計や各種設備、監視/制御機器などへの装置組み込みを予定している。

 2002年8月7日、総務省により電力線モデムに対する規制緩和が行われ、型式指定を受けるための条件を「他の通信を妨害しないこと」のみとするよう定められた。本機の量産型ではエコーネットとの共存を実現し、型式認定にこぎつける構えだ。

 名刺サイズ実現のため、本機は富士通との共同による開発が行われた。富士通の開発メンバーが合流し、雑音キャンセル技術やエラー訂正技術、また電力線からもれる電界を抑制するための「漏えい電界抑圧技術」など16件におよぶ富士通の技術が用いられ、専用の小型トランスを実現したという。
《RBB TODAY》

特集

page top