「Windows Media9 シリーズ日本語版」が2003年1月29日に登場 −倉木麻衣などによるスペシャルライブも実施 | RBB TODAY

「Windows Media9 シリーズ日本語版」が2003年1月29日に登場 −倉木麻衣などによるスペシャルライブも実施

エンタメ その他

 マイクロソフトは、メディアプラットフォームの最新版「Windows Media 9 シリーズ」を2003年1月29日より提供開始すると発表した。

 配布が開始されるのは、音声/ビデオの再生ソフト「Windows Media Player 9 シリーズ」、エンコードツール「Windows Media エンコーダ 9 シリーズ」、Windows .NET Server 2003に実装される配信サーバ「Windows Media サービス 9 シリーズ」などの製品群である。

 Windows Media 9 シリーズでは、(1)ナローバンドやブロードバンドなどあらゆる環境でのストリーミング再生能力の向上(2)圧縮率の向上(3)DVD並の画質と5.1chサラウンドによるホームシアターの実現(4)新たな著作権管理機能などが主な特徴となっている。特に、ストリーミング再生能力の向上ではバッファリング時間をほぼゼロにするなど大幅な改善が図られている。

 また同日、「Digital Media Day」として13時半より赤坂ACTシアターでマイクロソフト バイスプレジデントの古川享氏による基調講演と、Windows Media 9のデモンストレーションが行われる。さらに20時からの「Digital Media Night」では、倉木麻衣、愛内里菜、GARNET CROWによるスペシャルライブが開催される。共に事前申し込みを必要とする(スペシャルライブは300組600名限定)。
《RBB TODAY》

特集

page top