ソフォス、2002年ウィルスランキングを発表。Klezが24%を占める | RBB TODAY

ソフォス、2002年ウィルスランキングを発表。Klezが24%を占める

エンタープライズ その他

 ソフォスは、2002年のウィルスランキングを発表した。1位は「Klez」で全体の24.1%となり、依然として猛威をふるっている。また、10月に発見された「Bagbear」が2位で17.5%となっており、急速に感染したことが伺える結果となった。

 今回発表されたランキングは、2002年に同社のカスタマーサポート部門に報告されたウィルスを集計した結果となる。傾向として、感染報告の87%はWindowsに対応するものだったという。また、以前に上位を占めていた「LoveBug」は急速に感染した後、すぐに消滅していたという。しかし、「Klez」は年間を通して持続的に感染を広めていったことから、ウィルス対策ソフトのアップデートを怠っているユーザが少なからずいることが推測できるとしている。

 ほか、同社は今年の傾向として以下を挙げている。

  • 「Klez」や「Yaha」など送信者を偽装するウィルスの出現
  • モバイルウィルスは出現せず
  • インスタントメッセンジャーに感染
  • Microsoftの開発言語「C#」で記載されてたウィルスの出現
  • 「Slapper」などLinuxワームの出現
  • ユーザは心理的なトリックに引っかからなくなった


 また、JDBMGRなどデマメールについて、帯域幅の浪費やメールサービスへの妨害、ユーザの混乱が発生するため、同社ではウィルスと同様に警告を出すとしている。

 来年の傾向としては、依然としてWindowsに対応したウィルスが蔓延し続け、さらに送信者を偽る手法を用いて混乱を発生させるとしている。また、「バッグドア」を仕掛けるウィルスが増加する可能性もあると警告をしている。

 詳細なランキングは以下のとおり。

1W32/Klez24%
2W32/Bugbear18%
3W32/Badtrans15%
4W32/Elkern5%
5W32/Magistr4%
6W32/MyParty2%
7W32/Sircam2%
8W32/Yaha2%
9W32/Fretham-Fam1%
10W32/Nimda1%

その他26%
《RBB TODAY》

特集

page top