CRL、無線LANを利用して7.8km離れた地点を接続。災害時の通信システムを研究 | RBB TODAY

CRL、無線LANを利用して7.8km離れた地点を接続。災害時の通信システムを研究

ブロードバンド その他

 通信総合研究所(CRL・東京都小金井市)は、消防研究所(東京都三鷹市)と共同で防災対応通信システムの研究を開始したと発表した。研究は、2.4GHz帯の無線LANを用いて7.8km離れた両研究所を接続して進められる。

 長距離無線LANは、6kmまでが実用的な距離の限界とされてきたが、両研究所の高い鉄塔を利用することにより、国内で認定されている出力のままでも7.8kmの通信が実現できたという。現在は、おおむね11Mbpsの通信速度を確保して安定した接続を保っているとのこと。同研究所では長距離無線LANとIPを利用した通信回線の特徴として、公衆回線網が不通や輻輳状態になった場合に、臨時的に設置できることを挙げている。

 研究では今後、天候が与える通信環境への影響を調査するとしている。また、このインフラを利用してVoIP機能を内蔵したPHSや、情報収集のための無線タグの開発も進めていくという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top