ディアイティ、IEEE802.11a/bコンボカードなどORiNOCO製品の販売を開始 | RBB TODAY

ディアイティ、IEEE802.11a/bコンボカードなどORiNOCO製品の販売を開始

IT・デジタル その他

ディアイティ、IEEE802.11a/bコンボカードなどORiNOCO製品の販売を開始
  • ディアイティ、IEEE802.11a/bコンボカードなどORiNOCO製品の販売を開始
  • ディアイティ、IEEE802.11a/bコンボカードなどORiNOCO製品の販売を開始
 ディアイティは、自社の取扱い製品ラインナップをリニューアルし、12月2日より米ProximのORiNOCOブランド製品を販売開始する。販売はパートナーや同社のオンラインショップditshop.comを通じて行われる。

 従来HarmonyファミリとSkyLineファミリを持っていた米Proximが、2002年6月に米Agere SystemsのORiNOCO製品を買収。Proxim国内代理店のディアイティでもORiNOCO製品を扱うことになった。同社では、ハイエンドからミッドレンジをORiNOCO、ミッドレンジをHarmony、コンシューマ向けにSkyLine製品を位置づけている。

ディアイティ:ORiNOCO AP-2500/AP-2500 Active Ethernet


 デュアルバンド無線LANアクセスポイントORiNOCO AP-2500/AP-2500 Active Ethernetは、オンデマンド帯域管理、DNS/SMTPリダイレクト、ホームページリダイレクト、ダイナミックアドレス変換、そして代金請求機能など公衆無線LANアクセスポイントを構築する機能を標準搭載した製品。希望小売価格は198,000円。

ディアイティ:ORiNOCO 802.11a/b ComboCard Gold/Silver


 デュアルバンド無線LANカードORiNOCO 802.11a/b ComboCard Gold/Silverは、1枚でIEEE802.11a/bの通信を行い、デュアルバンドでのシームレスローミングに対応するほか、100とおりの設定を保存できるプロファイル機能を持つ。また、アドホックモードでは新セキュリティ規格であるAESを搭載した。さらに、Goldモデルでは、IEEE802.1x、Harmony key Managementなどのセキュリティ規格に対応している。希望小売価格はGoldが33,800円、Silverが28,800円。

 無線LANカード「ORiNOCO 802.11a PC Card/PCI Card」は、IEEE802.11a対応で、154ビットのWEP、IEEE802.1x、Harmony Key Managerに対応。標準小売価格はPC Cardが24,800円、PCI Cardが42,800円。

 これらのほか、デュアルバンド対応アクセスポイント「ORiNOCO AP-2000/AP-2000 ActiveEthernet」「ORiNOCO Access Point 5GHz Kit」、集中管理システム「ORiNOCO Wireless LAN Manager」も発売される。

 なお、今回発表のデュアルバンド対応製品は、将来的にIEEE 802.11gをファームウェアのアップデートによってサポート可能であるとしている。ディアイティでは、無線LAN製品が企業ユーザに受け入れられるためにはスピードの速さもさることながら、セキュリティへの要求に応えることが重要と見ており、Proxim製品ラインナップをより充実させ、自社のサポートにより対応していく考えでいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top