@nifty、1日350円でホットスポットを利用できるサービスを開始 | RBB TODAY

@nifty、1日350円でホットスポットを利用できるサービスを開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 ニフティは、NTTコミュニケーションズが展開する公衆無線LANサービス「ホットスポット」を日単位で利用できるサービス「@niftyホットスポット」の提供を12月3日より開始すると発表した。利用料金は1日あたり350円となる。

 @niftyホットスポットは、1日単位で課金される初めての公衆無線LANサービスで、4日分の料金で1か月間使い放題となる月額1,400円のコースも用意される。利用にはまず、@niftyのWebで申し込みを行いWEPキーとSSIDを確認してホットスポットに接続。次に、Webブラウザを立ち上げると出てくる認証画面に@niftyのIDとパスワードを入力すれば利用でき、課金はこの時点で発生する。

 同社では、サービス開始と同時に、年内無料、2003年1月1日から2月28日まで日額250円、月額1,000円で提供するキャンペーンも予定している。

 NTTコミュニケーションズはすでに、シャープスペースタウンにホットスポットの回線を提供しており、今後も他ISPへ提供を拡大していく予定だという。また、1日単位の料金体系についても、対象を他ISPやホットスポットのユーザに拡げることを検討しているという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top