「地域からIT戦略を考える会」が福岡市で開催。9県知事と堺屋氏、須藤氏が参加 | RBB TODAY

「地域からIT戦略を考える会」が福岡市で開催。9県知事と堺屋氏、須藤氏が参加

エンタープライズ その他

 11月26日、九州福岡市に岩手県・宮城県・栃木県・岐阜県・三重県・岡山県・高知県・沖縄県・福岡県の各県知事が集合、第3回「地域からIT戦略を考える会」が開催される。

 今回は「ITは世界を変える〜地域からのチャレンジ」というテーマで、地域活性のためにはどのようなIT戦略を必要とし、有効となるのか、その展望をディスカッションする。また、福岡市まで出向けない方のために、イベントの模様は福岡県のホームページ上でライブ配信される。

 出席者は、9県の知事と、作家であり元経済企画庁長官の堺屋太一氏、東京大学大学院情報学環教授の須藤修氏。堺屋氏による基調講演(「知価時代の地域IT戦略」)と須藤氏をコーディネーターとするパネルディスカッションが行われる。パネルディスカッションには9県知事が参加し、IT戦略の最新動向からベンチャー企業の育成など、幅広く議論が交わされる予定である。

 本イベントは無料で参加できるが、事前申し込みが必要となる。参加するには、住所・氏名・電話番号・会社名(団体名)・Eメールアドレスを明記の上、はがき・FAX・Eメールのいずれかの方法で申し込む。申し込み先は以下のとおり。

 郵送先:〒812-8577
     福岡県福岡市博多区東公園7番7号
     福岡県庁高度情報政策課あて
 FAX:092-643-3226
 Eメールアドレス:kojo@pref.fukuoka.jp


■第3回「地域からIT戦略を考える会」
 日時:11月26日 13:45〜16:30
 場所:シーホークホテル&リゾート
    (福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3)
 入場料:無料
 定員:1,000名

 福岡県は、民間に開放し、無料で利用できる光ファイバ網「ふくおかギガビットハイウェイ」を敷設している。ふくおかギガビットハイウェイは、福岡市に設置されている福岡APを中心に県内の8市(久留米・大牟田・飯塚・田川・宗像・北九州・直方・行橋)を2.4Gbpsのバックボーンで接続しているほか、東京・大阪・名古屋などの主要都市とも接続している。また、日韓IT光コリードプロジェクト(KJCN)との連携によって、アジアに向けた相互接続を目指している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top