総務省発表の9月末インターネット利用者数を速報。ブロードバンドは614万人に拡大の一方、ナローバンドは減少へ | RBB TODAY

総務省発表の9月末インターネット利用者数を速報。ブロードバンドは614万人に拡大の一方、ナローバンドは減少へ

ブロードバンド その他

 総務省は、2002年9月末時点でのインターネット利用者数について速報値を発表した。それによると、ブロードバンドサービス(DSL、FTTH、CATV)の加入者数は合計で613万7千人あまりで、9月一ヶ月間の増加数は、およそ36万となっている。

 回線種別ごとの加入数および過去3ヶ月間の増減数は以下のとおり。

サービス
種別
9月末
加入数
7月増減8月増減9月増減
xDSL4,223,216+30.9万+30.6万+30.7万
FTTH114,608+1.6万+1.5万+1.5万
CATV180万0千+8.4万+4.8万+4.2万


 増加数ベースではあいかわらずDSLが大きな位置を占めているが、FTTHの加入数が1.5万前後で安定してきているのも注目だろう。また、今月はダイヤルアップ接続によるインターネット利用者数が減少を見せている。速報なのでまだ微妙ではあるが、インターネットにつなぐ手段がダイヤルアップから常時接続へと本格的にシフトしていることを顕著に表す数字と言えそうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top