仙台CATV、11月1日から全サービスメニューを増速、最速メニューは下り12Mbpsに | RBB TODAY

仙台CATV、11月1日から全サービスメニューを増速、最速メニューは下り12Mbpsに

ブロードバンド 回線・サービス

 仙台CATV(宮城県・CATV)は11月1日から、4つあるサービスメニューすべてで下り速度を引き上げる。これにより、下り128kbpsのライトコースは256kbps、2Mbpsのパーソナルは6Mbpsへ、3Mbpsのスーパーと5Mbpsのビジネススーパーはそれぞれ12Mbpsと、いずれのコースにおいても2倍から3倍の大幅な速度アップが図られる。なお、スーパーとビジネススーパーの2コースの速度引き上げは、11月と12月の2段階に分けて行われる。1回目で下り8Mbpsになり、2回目の引き上げで12Mbpsでの利用が可能となる。

 また、同社では10月31日以降に新サービスメニューへの対応手順として、ケーブルモデムのリブート含めたリセット方法をアナウンスしている。仙台CATVがサービス内容を全面的に改定するのは1年ぶりとなるが、今回は12MbpsのADSLサービスを強く意識した内容となっている。

 サービスの詳細については以下のとおり。

●ライト
 速度:下り128kbps→下り256kbps
 料金:2,500円

●パーソナル
 速度:下り2Mbsp→下り6Mbps
 料金:5,000円

●スーパー
 速度:下り3Mbps→11月1日より下り8Mbps、12月1日より12Mbps
 料金:7,800円

●ビジネススーパー
 速度:下り5Mbpss→11月1日より下り8Mbps、12月1日より12Mbps
 料金:28,000円
《RBB TODAY》

特集

page top