NTTドコモ、4G向け100Mbps無線アクセスの伝送実験に成功 | RBB TODAY

NTTドコモ、4G向け100Mbps無線アクセスの伝送実験に成功

ブロードバンド その他

 NTTドコモは、第4世代携帯電話向けの無線アクセス実験で、下り100Mbps、上り20Mbpsの伝送に成功したと発表した。実験では、下りにVSF-OFCDM(可変拡散率直交周波数・符号分割多重)、上りにマルチキャリア/DS-CDMAを採用し、端末の消費電力低減とともに、携帯電話的な基地局まで遠い通信から屋内無線スポットサービス的な至近での通信までさまざまな環境に対応できるのが特徴。

 4Gについては、国際電気通信連合無線通信部門(ITU-R)で検討が進められており、国内でも2010年の実用化を目指して取り組みがおこなわれている。
《RBB TODAY》
page top