アナログデバイセズ、1.5kmオーバーで12.8MbpsのADSL技術を開発 | RBB TODAY

アナログデバイセズ、1.5kmオーバーで12.8MbpsのADSL技術を開発

ブロードバンド その他

アナログデバイセズ、1.5kmオーバーで12.8MbpsのADSL技術を開発
  • アナログデバイセズ、1.5kmオーバーで12.8MbpsのADSL技術を開発
  • アナログデバイセズ、1.5kmオーバーで12.8MbpsのADSL技術を開発
 米Analog Devices社は、約1.5kmの線路長で12.8Mbpsの通信が可能な、UltrADSLの新ファームウェアの提供を開始したと発表した。UltrADSLは、部分的な周波数オーバーラッピングとエコーキャンセラを採用、AnnexAおよびAnnexCに対応している。

 UltrADSLには二つのモードが搭載されており、高速通信は「Enhanced Data Rate Mode」、長距離通信は「Extended Reach Mode」と呼ばれている。Extended Reach Modeでは、約7kmで128kbps以上の通信が可能だという。

UltrADSL Data Rates graph
AnnexCでのUltrADSL下りデータレート(Analog Devices資料より。クリックすると大きく表示されます)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top