東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験 | RBB TODAY

東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

共同実証試験のイメージ
  • 共同実証試験のイメージ
  • 東京電力と東京ガスでシナジーを図る
 東京電力と東京ガスは21日、スマートメーターの活用で共同実証試験を行うことを発表した。2016年1月から、東京電力のスマートメーターシステムを活用し、東京ガスの検針業務の自動化を図る。実験期間は2016年8月までの8ヶ月間。

 東京都小平市の約500戸の住宅において、東京電力のスマートメーター(顧客宅に設置済み)と、東京ガスが新たに設置した試験用ガスメーターを、無線通信で接続。東京電力のスマートメーターシステムを使って、ガスメーターの検針データを取得する通信試験を行い、成功率や所要時間を確認する。

 これにより、検針業務自動化に必要な装置・システムの性能・有効性を検証するのが狙い。東京電力は、2020年度までにすべての顧客宅への設置(約2,700万台)を予定しており、現在約370万台を設置済み。今後は、スマートメーターを活用した新事業のための検討を進めるとのこと。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top