イッツコム×ニフティ×東急電鉄、スマートライフ事業の新会社を設立 | RBB TODAY

イッツコム×ニフティ×東急電鉄、スマートライフ事業の新会社を設立

エンタープライズ 企業

「Icontrol Networks」サイト
  • 「Icontrol Networks」サイト
  • 「イッツ・コミュニケーションズ」サイト
 東急グループのイッツ・コミュニケーションズ、富士通グループのニフティ、東京急行電鉄の3社は16日は、IoTを活用したスマートライフ事業に関する新会社「Connected Design(コネクティッド・デザイン)」を設立することを発表した。11月25日付での設立となる。

 「Connected Design」は、IoTサービス用ハードウェア・ソフトウェアの企画開発を手掛ける会社。IoTを活用し、便利で役立つ、節約できるホームオートメーションやエネルギーマネジメント、ヘルスケアなどのスマートライフ事業を展開する。

 具体的には、米アイコントロール・ネットワークス社のIoTプラットフォームを活用し、ハードウェアを拡充するほか、家事代行・介護などのサービス関連事業者と連携した個人向けサービス、店舗・オフィス・ホテルなどの法人向けサービスの企画開発を行う。他のIoTプラットフォームとの連携も視野に入れる。

 イッツコムは、アジアで唯一、アイコントロール社のIoTプラットフォームを採用したホームオートメーションサービス「インテリジェントホーム」を提供中。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top