TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン

​​TechAcademyは上場企業であるキラメックス株式会社が運営するプログラミングスクールです。業界でもトップクラスの受講者数実績を持っており、様々なプログラミング言語が学べます。

TechAcademyは、初心者がゼロからプログラミングを学ぶためのシステムが整っています。しかし、インターネット上では否定的な意見もあるようです。

本記事では、TechAcademyのメリットや料金プランなどをご紹介し、実際のところはどうなのかをご説明します。

2022年最新!おすすめレンタルサーバー
wpxshin top - TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン
2021年5月31日にリリースされた、エックスサーバーのシステムをベースにしたシン・レンタルサーバー!

月額料金がスタンダードプランで1,540円〜(税込)なので、コスパよく爆速なサイト運営が可能に!

管理画面はエックスサーバーと同じで使いやすくなっているので、これからサイト運営をする方にはおすすめです!

\ Twitterでも口コミ良好! /

TechAcademyは最悪?悪い評判・口コミ

まずは、TechAcademyの悪い評判・口コミを見ていきましょう。インターネット上には以下の悪い評判・口コミがありました。

  • 学習内容のレベルが高い
  • 進捗管理をしてくれない
  • 学習量が多すぎる

それぞれ見ていきましょう。

学習内容のレベルが高い

TechAcademyの学習内容は、他のスクールに比べてレベルが高いようです。こちらのTwitterでは、内容が難しくてなかなか学習が進まない様子がわかります。

TechAcademyのコースは、基本的に就職や転職サポートが付いていません。その代わりにさまざまなコースがあり、自分の学びたい言語や技術をピンポイントで学べます。学習内容のレベルが高い理由としては、より専門的な内容を学べるからといえます。

進捗管理をしてくれない

ウケ放題を受講しました。自分の空いている好きな時間に受講することができるので、自分のペースで進めやすかったです。また、一人一人にメンターがついているので、課題を提出すればメンターからフィードバックを貰い、課題をクリアするまで何度でも提出することができて良かったです。ただ、進捗のペースや課題提出など自分で全て管理しなければならなかったので、途中から自学習をしなくなってしまい、受講しきることができませんでした。進捗管理もしてくれるとさらに良かったと思います!

TechAcademyは、基本的に学習を1人で行います。もちろん、パーソナルメンター制度を使って、質問や悩みをきいてもらえますが、進捗管理まではしてくれないようです。

他のスクールでもそうですが、学習のペースには個人差があるためスクール側は厳格に学習ペースを管理しません。本業や子育てなどで忙しい方に強制をしてしまうと、負担となって学習が続けられない可能性もあります。

メンターとの話し合いを通じて学習を進めることはできますが、実際に学習する時間を確保するのはご自身です。TechAcademyに入っても、自分で学習を続けるやる気がなければ継続は難しいでしょう。

学習量が多すぎる

インターネット上では、TechAcademyの学習量が多すぎることもデメリットとして挙げられています。勉強時間がしっかり確保できる人でないと、全ての学習内容を終えることにかなりの時間がかかってしまうようです。

学習量が多ければ吸収できる知識も増えるので良いことと思われがちですが、特に初心者の方には負担になるでしょう。自分のペースで時間をかけて学習したい人には大きなデメリットかもしれません。

TechAcademyの良い評判・口コミ

TechAcademyの良い評判・口コミは、以下のようなものが目立ちました。

  • チャット質問の対応が親切
  • オンラインテキストが分かりやすい
  • パーソナルメンター制度がしっかりしている

1つ1つ見ていきましょう。

チャット質問の対応が親切

TechAcademyにはチャット質問制度があります。テキストを進める中で分からないことがあったときは現役エンジニアにチャットで質問できます。

こちらのTwitterの投稿では、チャット質問で得たヒントをもとに疑問点を解決できたことが分かります。単純に解決方法を教えてもらうのではなく、ヒントをもらうことで生徒が自分で解決するようにアドバイスするようです。現役エンジニアも疑問点はインターネットで調べて解決するので、実務を行う前の訓練になるでしょう。

また、他のスクールとは違い現役エンジニアが答えてくれるので、より最新の技術を吸収しやすいです。

オンラインテキストが分かりやすい

転職するのにプログラミングスキルを学びたいと考えていましたが、転職コースというのがあったので入会することにしました。オンライン形式でイラストや吹き出しがあり、分かりやすいプレゼンテーションにまとめられているため自習しやすかったですし、時間の空いたときにコツコツと学習ができてよかったです。何度も繰り返し見ることができるので納得するまで学習できます。万が一分からないときは動画付きで相手とオンラインで対話をしてレクチャーしてくれるため、納得するまで質問することができる環境がよかったです。

みん評では、オンラインテキストが分かりやすいという評判がありました。TechAcademyはオンラインテキストで学習を進めるスタイルが基本なので、生徒にとってはとてもありがたいです。

さらに、テキストで分からない部分は質問をして解決できるので、初心者でも心配なく学習を進められるでしょう。

TechAcademyのオンラインテキストは、卒業後も閲覧が可能です。いつでも復習できるので、より学習内容をインプットできます。

パーソナルメンター制度がしっかりしている

基礎からしっかりとプログラミングを学び、実際にWEBサイトを製作したことは、大変でしたがとても良い経験となり、現在の仕事でも活かされています。このコースの一番良いところは、わからないことがあった時にアドバイスをいただけるパーソナルメンター制度です。この制度のおかげで、くじけずにプログラミング学習を続けることができたので、感謝していると同時に、これから利用を考えている方におすすめです。

TechAcademyには、生徒1人1人にメンターがつく、パーソナルメンター制度があります。公式サイトでは、パーソナルメンター制度を大きく打ち出しており、自信があることが伺えます。

パーソナルメンター制度とは、以下のサービスが受けられる制度のことを言います。

・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日15:00 ~ 23:00のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー

各コースを受講してから、最終的な成果物を作るまでのサポートを受けることが可能です。

実際、パーソナルメンター制度のおかげで、挫折せずにプログラミング学習が続けられたという口コミがありました。選考を通過した実務経験のあるメンターを採用しているため、しっかりとしたサポートを受けられます。

1人で学習が続けられない方は、TechAcademyのパーソナルメンター制度を活用してみてはいかがでしょうか?

オンラインで学習が完結

悪い評判からわかったTechAcademyのデメリット

悪い評判からわかったTechAcademyのデメリットは以下のとおりです。

  • 教材の難易度が高い
  • マンツーマンレッスンではない
  • 完全オンラインが合わない人もいる

1つずつ見ていきましょう。

教材の難易度が高い

TechAcademyの教材は難易度が高いと言われています。他のスクールで学ぶ内容よりも量が多く質も高いようです。

理由としては、コースが細かく分けられていることがあります。TechAcademyには、コースのカテゴリだけでも8つあり、さらにコースが複数用意されています。それによって、1つの言語に特化した学習ができるので、必然的に学習するレベルもより専門的です。

初心者からプログラミングを学ぶ方は、少し難易度が高いと思ってしまうのも無理はないでしょう。ただし、質問対応制度を使ったり自分で調べるなどすれば無理なく進められるようになっています。

マンツーマンレッスンではない

2つ目のデメリットは、マンツーマンレッスンではないということです。メンターとの相談はマンツーマンで行いますが、学習は基本的に1人で進めます。

オンライン型のプログラミングスクールは、基本的に1人で学習を進め、分からないところは講師に質問という形式です。テキストをもとに自分で学習を進めるので、1人で勉強するのが苦手な方には厳しいかもしれません。

プログラミングスクールのCodeCampの場合だと、マンツーマンレッスンで学習を進めることができます。気になった方は、無料相談を受けてみてはいかがでしょうか?

完全オンラインが合わない人もいる

最後のデメリットは、完全オンラインが合わない人もいるということです。完全オンラインのため、実際にメンターや講師、生徒と生で会話する機会が全くありません。

また、オンラインのデメリットとして、通信環境が悪いとコミュニケーションが取りづらいことがあります。会話している途中で、突然通信が切れたり相手の声が聞き取りづらいことは可能性として少なくありません。

完全オンラインが合わない方は、以下のスクールのコースを受講することをおすすめします。

まずは、自分の住んでいる周辺で通学できるプログラミングスクールを探してみましょう。

良い評判からわかったTechAcademyのメリット

良い評判からわかったTechAcademyのメリットは次の3つです。

  • オンラインで学習を完結できる
  • 現役エンジニアのメンターがつく
  • 受講後もオンラインテキストを確認できる

それぞれ見ていきましょう。

オンラインで学習を完結できる

1つ目のメリットは、オンラインで学習を完結できることです。自宅はもちろん、カフェやコワーキングスペースなどどこでも学習を進められます。

他のスクールでは、オンライン学習に対応していても校舎に通って学習することが求められる場合があります。その点、TechAcademyは校舎に通う必要がないため、効率よく学習可能です。特に、社会人や主婦など校舎に通うことが難しい方にはとても助かるシステムです。

各コースは、オンラインテキストで学習を進めて疑問点はSlack(チャットツール)を使って質問します。学習だけでなく困ったことや相談事もオンラインで解決できるので、何か起きても安心です。

言語習得におすすめ

TechAcademyは、プログラミング初心者が言語を習得するのにおすすめのスクールです。スキルを身につれば、初心者でもプログラミングの副業に挑戦できるでしょう。

現役エンジニアのメンターがつく

2つ目のメリットは、受講生1人1人に現役エンジニアのメンターがつくということです。メンターは、学習の進捗や進路など様々な相談を受けてくれます。

TechAcademy公式サイトによると、実務経験者で10%の通過率の試験に合格した人がメンターとして働いているとあります。実績や経験のないメンターがつくことはまずないでしょう。

また、現役エンジニアの視点で学習のアドバイスをくれるので、学習のポイントが掴みやすいです。仕事で使う技術を学びたい方には、特におすすめできる制度です。

受講後もオンラインテキストを確認できる

最後のメリットは、受講後もオンラインテキストを確認できるということです。受講後にもう一度見返したいと思った時に、オンラインですぐに確認できます。

スクールの中には、TechCampのように受講後はテキストを見れないようにしているところもあります。受講期間が終わったらサービスの提供も終わるのが一般的ですので、TechAcademyの大きなメリットと言えるでしょう。

テキストに自分が分からなかった箇所に解説を入れておくのがおすすめです。もちろん2次配布は禁止ですが、自分の閲覧用として編集しておくと、受講後の学習効率も上がるでしょう。

オンラインで学習が完結

TechAcademyのメンタリングはいらない?上手に活用するコツ

TechAcademyにはパーソナルメンター制度というメンタリングを行う制度があります。しかし、メンタリングはいらない、不要だという意見もインターネット上には存在します。理由として、学習を進める上で、メンタリングを受けなくても問題なかったり、サービスの質が悪いなどがあるようです。

メンタリングは上手に活用すれば、学習を効率的に進めることができるので、不要ということはありません。特に、プログラミング初心者の方はメンタリングをしっかり使って、学習を進めましょう。

上手に活用するコツは、自分の将来像と学習の進捗度合いを正確に把握しておくことです。まずは、将来像をメンターに伝えて、そのために必要なことは何かをメンターに聞くのがおすすめです。もし、将来何をしたいかもはっきりと分からないならば、正直にメンターに伝えていっしょに考えていきましょう。

TechAcademyは就職できないと言われる真相

口コミや評判では、TechAcademyに通っても就職できない、ということをよく耳にします。結論から言えば、そもそも就職に力を入れていないため、卒業後に就職できる可能性が少ないということです。

TechAcademyでは、初心者が学びやすいプログラミング言語を採用しているため、現場のニーズと少しずれがあります。また、多くのコースがありますが、就職や転職のサポートは基本的に付いていません。

TechAcademyで学んで就職を目指す方には、「エンジニア転職保証コース」をおすすめします。16週間でプログラミングを学びながら、就職や転職のサポートを受けられます。また、現場で使われていることの多い「Java」を学習するため、より実務に近い内容が学習可能です。

TechAcademyの主な料金プラン

TechAcademyには様々なコースがあります。主なコースの料金プランをご紹介します。

  • エンジニア転職保証コース
  • Webデザインコース
  • WordPressコース
  • Javaコース
  • PHP/Laravelコース

他のスクールと比較をする際の参考にしてみてください。

エンジニア転職保証コース

2bcf16bfce7c3a0526e3c7896a6d9e09 - TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン

画像出典:TechAcademyPro公式サイト

エンジニア転職保証コースは、エンジニア転職を考えている方向けのコースです。16週間でプログラミング学習とエンジニア転職活動を進めていきます。TechAcademyでエンジニア転職のサポートが受けられるのは、エンジニア転職保証コースのみですので注意してください。

項目 内容
コース名 エンジニア転職保証コース
料金 437,800円
学べる言語 Java
受講期間 16週間
参加条件
  • 必要なメンタリング回数をこなせる
  • 必要な学習時間を確保できる
  • Mac or WindowsのPCを用意できる
  • メモリ8GB以上
  • Google Chromeが使える
  • ウェブカメラ・マイクが使える
  • PCの基本操作ができる
メンタリング あり
求人社数 1,000社以上
受講携帯 オンライン完結

※料金は税込の価格です

※M1チップ搭載のMacは開発環境の都合により使えません

エンジニア転職保証コースは参加条件を設けており、転職に本気である人のみ参加が可能であるようです。他のスクールには参加条件を明確に示していることは少ないので、より信頼できるコースとなっています。また、転職を保証する年齢は20歳から32歳までとなっているので、注意してください。

Webデザインコース

4002dde25b8c54a4a752af5893bee566 - TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン

画像出典:TechAcademy Webデザインコース

TechAcademyのWebデザインコースは、オリジナルのWebサイトをデザインから公開まで行うコースです。Webデザイナーを目指す方や、エンジニアでWebデザインを学びたい方に向いているコースです。

プラン 料金
4週間プラン 社会人 174,900円
学生 163,900円
8週間プラン 社会人 229,900円
学生 196,900円
12週間プラン 社会人 284,900円
学生 229,900円
16週間プラン 社会人 339,900円
学生 262,900円

※料金は税込の価格です

TechAcademyのコースは、社会人と学生で料金が分けられているのが特徴です。経済的な余裕がない大学生でも割安の価格で受講できます。

卒業生には、新卒でWebデザイナーとして就職した方もいるので、しっかりとした技術を身につけられます。

WordPressコース

b1eb2d07094c79522aad1712bd59f21a - TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン

画像出典:TechAcademy公式サイト WordPressコース

WordPressコースは、本記事でも紹介しているWordPressを使ってオリジナルサイトを作成するコースです。HTMLやCSSを学びつつ、WordPressのカスタマイズ方法を習得可能です。

WordPressはWeb制作の現場でよく使われているツールなので、習得後は就職や副業のためのスキルとして使えます。初心者でも時間をかけて学習すれば習得でき、特に副業で稼ぎたい方におすすめのコースと言えるでしょう。

プラン 料金
4週間プラン 社会人 174,900円
学生 163,900円
8週間プラン 社会人 229,900円
学生 196,900円
12週間プラン 社会人 284,900円
学生 229,900円
16週間プラン 社会人 339,900円
学生 262,900円

※料金は税込の価格です

料金はWebデザインコースと同じです。

Javaコース

300ba3ac1f96d5d5a6862ce183bad8c9 - TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン

画像出典:TechAcademy公式サイト Javaコース

Javaコースでは、サーバー側の処理を行う言語であるJavaを学習できます。JavaとServlet/JSPを使ってWebアプリケーションを開発することを目標に学習を進めます。

Javaは2000年代から今に至るまで、多くのサービスで採用されている言語です。同じサーバー側のPHPに比べると、初心者向けとは言えずレベルも高めですが、その分学ぶ価値はあります。

プラン 料金
4週間プラン 社会人 174,900円
学生 163,900円
8週間プラン 社会人 229,900円
学生 196,900円
12週間プラン 社会人 284,900円
学生 229,900円
16週間プラン 社会人 339,900円
学生 262,900円

※料金は税込の価格です

PHP/Laravelコース

99b00e9c3563faa09206b331ea86b883 - TechAcademyの評判はひどいって本当?メリットや詳しい料金プラン

画像出典:TechAcademy PHP/Laravelコース

PHP/Laravelコースは、PHPの基礎を学んでオリジナルサービスを開発するコースです。PHPはWebサイトのサーバー側の処理を担当する言語で、日本でも広く使われています。

プラン 料金
4週間プラン 社会人 174,900円
学生 163,900円
8週間プラン 社会人 229,900円
学生 196,900円
12週間プラン 社会人 284,900円
学生 229,900円
16週間プラン 社会人 339,900円
学生 262,900円

PHPはスクリプト言語という初心者でも学びやすい言語であるため、これからプログラミングを始める方に向いている言語です。また、HTMLと相性がよいので、HTML/CSSといっしょに学んでいくとサービス開発がやりやすいでしょう。

オンラインで学習が完結

TechAcademyの評判に関してよくある質問

最後にTechAcademyの評判に関して、よくある質問にお答えします。

  • 完全初心者でも利用できる?
  • TechAcademyは炎上したことがある?
  • エンジニア転職保証コースの評判を知りたい

TechAcademyを受講する前に、是非参考にしてみてください。

完全初心者でも利用できる?

完全初心者でも利用可能です。TechAcademyは、初心者からプログラミングを学習してレベルアップするためのテキストが用意されています。

最低限、PCを操作するスキルは必要ですが、それ以外は何も知らない状態でも大丈夫です。分からない箇所はメンターに相談することで解決できますので、問題ありません。

ただし、完全初心者が学びやすい言語はあります。以下のコースは初心者でも学びやすい言語が用意されています。参考にしてみてください。

  • はじめての副業コース
  • Webデザインコース
  • はじめてのプログラミングコース

TechAcademyのテキストは他のスクールに比べて難易度は高めというデメリットがあります。完全初心者の方はCodeCampの受講がおすすめです。

CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

TechAcademyは炎上したことがある?

TechAcademyは過去に炎上したことはありません。他のスクールでは炎上や訴訟問題などが起きるケースが過去にありましたが、TechAcademyはないです。

理由の1つとしては、業界最大手のプログラミングスクールであり、システムが整っていることが挙げられます。講師やメンターは選考を通過したものを採用しているので、質問対応のレベルは高いです。

また、受講者の実績も業界トップクラスであるため、サービス窓口やサポート体制もきちんとしています。

エンジニア転職保証コースの評判を知りたい

エンジニア転職保証コースは転職保証があるため、受講すれば誰でもエンジニアになることができます。転職できなかった場合は、全額返金保証も付いています。

実際にエンジニア転職保証コースからエンジニアになった方々の評判は良いようです。Javaを使ってプログラミング学習ができることに加えて、転職のためのしっかりとしたサポートが付いています。キャリアプランの構築から面接対策まで、専任のアドバイザーが手取り足取り教えてくれます。

ただし、エンジニア歴が長い方は、就職先が限定されるということをデメリットとして捉えているようです。転職先の待遇が良くないと、エンジニアになってもすぐにやめてしまう可能性があるからです。エンジニア転職保証コースを受講する際は、転職先が限定される可能性があることを頭に入れておきましょう。

TechAcademyの評判まとめ

TechAcademyは、業界最大手のプログラミングスクールであり、多くの優秀な講師と良質なテキストが揃っています。さらに、ほとんどのコースが完全オンラインで受講できるため、校舎で学ぶ余裕のない方でも自宅で学習できます。

メンター制度を上手に利用し、目標に向けて着実に学習すれば、エンジニアとして必要な技術も身につくでしょう。

TechAcademyを受講して、初心者からプロのエンジニアを目指してみませんか?

オンラインで学習が完結

おすすめの記事