CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

CodeCampは数多くあるプログラミングスクールの中でも知名度が高く、ネット上にはさまざまな口コミや評判が存在しています。

しかしCodeCampは「プログラミングについて勉強したい」、「Web制作会社で働きたい」といった方が通うプログラミングスクールとして、本当に良いスクールなのでしょうか?

CodeCampは「転職目的ではなく在宅でプログラミングを学習する」という観点からいうと、サービスを利用する意味はあります。

今回は筆者のWeb制作会社での勤務経験を踏まえ、CodeCampのメリット・デメリットをネット上の評判を交えてご紹介します。

今おすすめのプログラミングスクール
codecamp pr - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介CodeCampは人気のプログラミングスクールの1つでありますが、今ならクーポン適用でお得に始められます!

通常10,000円OFFのクーポンが当サイト限定クーポンで15%OFF!

初心者に人気の「WEBマスターコース」の一番安い2ヶ月コースでも24,750円お得になるので、通常の2倍以上もお得になるんです!

クーポンコード

「 786889 」

この機会に是非CodeCampの無料カウンセリングから体験してみましょう!

CodeCampをもっと詳しく知りたい人は「CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介」をご覧ください。

クーポンの使い方と注意点
  1. 上記クーポンコードをコピー
  2. 無料カウンセリングを受ける
  3. 無料カウンセリング実施後のアンケートにクーポンコードを入力
  4. コードキャンプのメルマガ配信ツールにてクーポンをメルマガで受け取る
  5. メルマガに記載されているURLをクリックしていただき、遷移先のページでのボタンクリックでクーポンを取得
  6. 申し込み時にクーポン適用

※入学金は対象外 ※1万円OFFクーポンなどの他キャンペーンとの併用不可 ※CodeCampGATEの返金保証キャンペーンのみ併用可(返金額は15%OFFの金額です。) ※クーポンコードの期限はなし(ただし、クーポン取得後は7日間の利用期限があります)

\ クーポンで15%OFF /

CONTENTS

CodeCamp(コードキャンプ)とは

f9e26caa09c3608bea3616f67197172a - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampとはオンライン学習に特化したプログラミングスクールです。オンライン学習に特化しているだけではなく、実践的カリキュラムに沿ってマンツーマンでレッスンを行うことにもこだわっています。対面型授業に匹敵する授業のクオリティを確保しているのが魅力です。

大手IT企業で勤務経験のあるエンジニアを中心に講師陣を採用しているという点も特徴です。質の高い指導を受けられます。

CodeCampは完全オンライン学習に特化しているので、学校帰りや仕事帰り、休日に自宅でプログラミング学習を進めることが可能です。

ほかにも、CodeCampは以下の特徴があります。

  • 現役エンジニアの講師から「エンジニアとしてのキャリア形成」、「営業で案件を取る方法」などを聞ける
  • 教えるのが上手いエンジニアを採用している

プログラミングスクールでは、「ITエンジニアを講師陣に採用」と言っても教えるのが下手だったり言っていることがよく分からなかったりすることがあります。

しかしCodeCampは講師陣になるべく教えるのが上手い方を採用し、受講生の負担が少なくなるように配慮しています。

また、CodeCampは受講期間2ヶ月で料金は約20万円(税込)ほどと、良心的な料金でプログラミングを学べる点も魅力のひとつになっています。

\あなたに合った学び方を無料で相談/

CodeCampの良い評判・口コミ

ネット上のCodeCampの良い評判や口コミをまとめると次のとおりです。

  • 講師、スタッフの対応が良い
  • 理解に合わせて学習スピードを調整してくれる
  • 仕事をしながら学習するには良い
  • 受講料金が安い

講師、スタッフの対応が良い

CodeCampの講師陣の選考には模擬授業が含まれています。

CodeCampはこの模擬授業できちんと結果を出せなければ講師として合格できないようになっています。

その採用率はわずか17%ほどのため、CodeCampの講師陣の「教える力」には一定の保証がされており、結果的に対応の良いスタッフや講師が揃っているのです。

理解に合わせて学習スピードを調整してくれる

CodeCampの講師陣は模擬授業を経て合格した方達ですから、受講者の理解に合わせて授業スピードを調整してくれます。

また、マンツーマンスタイルのオンライン授業では講師に分からないことを気軽に質問できるので、理解が進みます。

仕事をしながら学習するには良い

CodeCampは朝の7時~夜23時40分まで授業を受けることができます。

そのためCodeCampでは仕事や学校に行く前や帰宅後など、自分の学習ペースに合わせたプログラミング学習ができるというメリットがあります。

また、CodeCampの授業で使用される教材はラーニングデザイナーが設計したものです。

そのためCodeCampでは効率的に知識を得つつ、単元ごとにWebサイト制作やアプリ開発などの課題をクリアすることで、技術を身につけられます。

受講料金が安い

CodeCampの特徴のひとつである「料金の安さ」ですが、それは費用だけが安いのではなく、授業時間もほかのスクールよりも多くなっています。

例えばCodeCampの6ヶ月プランだと、授業費用と時間は以下のとおりです。

  • 授業費用:36万3000円
  • 授業時間:40分×60回 =2400分

一方、プログラミングスクールとして有名な「侍エンジニア塾」の授業費用と時間は以下のとおりです。

  • 授業費用:73万1500円
  • 授業時間:60分×週4回×6か月=1440分

授業費用と料金を比較するとCodeCampのほうが半額以下で授業時間は約2倍近くですから、コストパフォーマンス的に良いことは間違いありません。

\あなたに合った学び方を無料で相談/

CodeCampの悪い評判や口コミ

ネット上のCodeCampの悪い評判や口コミをまとめると次のとおりです。

  • 自習型ではないため、受け身で学習しようとして学習が進みにくい
  • 質問が予約制なので質問がしづらい
  • 講師によって当たり外れがある

自習型ではないため、受け身で学習しようとして学習が進みにくい

CodeCampの授業はマンツーマンで進むため、受講者はいわゆる「教えられる」形で学習を進めることになります。

しかしプログラミングは自分から分からないことを積極的に訊く、「教えを請う、自分から調べる」形で学習をするからこそ身につくものです。

プログラミング学習のこういった特徴から、CodeCampの学習方法ではなかなか上達できない方も出てくる可能性があります。

質問が予約制なので質問がしづらい

CodeCampで受講者が講師へ質問するには、質問のための予約を取る必要があり「気軽に質問できる」という環境にはありません。

プログラミング学習時のちょっとした疑問も講師に質問しにくい環境なので、効率的な学習を進めるという点から言うと少し侍エンジニア塾などより劣ります。

講師によって当たり外れがある

CodeCampでは優秀な講師陣が揃っているものの、やはり人によって差があり、自分に合わない講師に当たる場合もあります。

講師の言っていることがよく分からない、講師が苛立っているなどといったこともあります。

CodeCampを利用する際は講師に当たり外れがあることを最初から考慮しておいたほうが良いでしょう。

CodeCampを受講するメリット

CodeCampを受講する際のメリットは以下のとおりです。

  • マンツーマンレッスンを受けられる
  • 現役エンジニア講師を自分で選べる

マンツーマンレッスンを受けられる

CodeCampではマンツーマンで授業を受けられます。一人でオンライン学習を進めても続かない、専門的なことをもっと知りたいといった方に向いているプログラミングスクールです。

また、1度の授業時間は40分ほどと少し長めですが、コードを書いたり課題に取り組んだりしているとすぐに時間が過ぎます。少し授業時間が延長しても良いという講師もいますが、あくまで時間延長を許可してくれているので、この点が今後なくなる可能性はあります。

言語習得におすすめ

CodeCampは、プログラミングの副業にもおすすめのスクールです。プログラミング初心者や未経験者でも副業で稼げるよう、実践的なスキルを効率良く学習できます。

現役エンジニア講師を自分で選べる

CodeCampは受講したい講師を受講者が選べるようになっていて、講師との相性が合わない場合はほかの講師を選ぶことが可能です。

プログラミングスクールの多くは現役エンジニア講師を採用していても、誰にあたるかはランダムなことが多いです。

しかしCodeCampでは自分の意志で講師を選べる点がメリットになっています。

今おすすめのプログラミングスクール
codecamp pr - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介CodeCampは人気のプログラミングスクールの1つでありますが、今ならクーポン適用でお得に始められます!

通常10,000円OFFのクーポンが当サイト限定クーポンで15%OFF!

初心者に人気の「WEBマスターコース」の一番安い2ヶ月コースでも24,750円お得になるので、通常の2倍以上もお得になるんです!

クーポンコード

「 786889 」

この機会に是非CodeCampの無料カウンセリングから体験してみましょう!

CodeCampをもっと詳しく知りたい人は「CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介」をご覧ください。

クーポンの使い方と注意点
  1. 上記クーポンコードをコピー
  2. 無料カウンセリングを受ける
  3. 無料カウンセリング実施後のアンケートにクーポンコードを入力
  4. コードキャンプのメルマガ配信ツールにてクーポンをメルマガで受け取る
  5. メルマガに記載されているURLをクリックしていただき、遷移先のページでのボタンクリックでクーポンを取得
  6. 申し込み時にクーポン適用

※入学金は対象外 ※1万円OFFクーポンなどの他キャンペーンとの併用不可 ※CodeCampGATEの返金保証キャンペーンのみ併用可(返金額は15%OFFの金額です。) ※クーポンコードの期限はなし(ただし、クーポン取得後は7日間の利用期限があります)

\ クーポンで15%OFF /

CodeCampを受講するデメリット

CodeCampを受講する際のメリットは以下のとおりです。

  • すぐに質問できない
  • 自分でレッスンの予約をする必要がある

すぐに質問できない

CodeCampは講師への質問が予約制であり、質問したいことをすぐに質問できないという環境にあります。

そのためプログラミング学習時の小さな疑問やエンジニアとしてのキャリアなどを気軽に質問できないので、チャットでいつも質問可能なスクールに比べるとデメリットになります。

ただ、チャットツールだと文章を考えてタイピングする必要があるので時間がかかるというデメリットがあります。

CodeCampは口頭で質問ができるのでその点は優れていると言えるでしょう。

自分でレッスンの予約をする必要がある

CodeCampはオンラインでプログラミング学習を進められるサービスなので、いつでもどこでも学習を進められるという点がメリットです。

その一方、CodeCampでは自分で学習時間を確保する必要があります。

また、CodeCampは人気講師は授業の予約がすぐ埋まってしまいがちで「お気に入りの講師の授業を受けられない」といったことも起こる可能性があります。

CodeCampのプログラミング学習では、早めのレッスン予約やお気に入りの講師を複数見つけるなどの対策が必要です。

CodeCampがおすすめな人の特徴

CodeCampでのプログラミング学習がおすすめなのは、以下の方です。

  • プログラミング未経験者
  • プログラミングスキルを身につけたい
  • フリーランスとして独立したい

プログラミング未経験者

CodeCampはプログラミング未経験の方が「プログラミングはどのようなことをし、どのような流れで作業を進めていくのか」を理解するために受講することもできます。

プログラミング未経験者の方に対してもCodeCampでは講師陣が丁寧に教えてくれます。

そのためブログラミング未経験者はCodeCampを、プログラミングの概要と具体的な作業内容の把握につなげられます。

プログラミングスキルを身に付けたい

CodeCampは経験豊富で教え方も上手い現役エンジニアが講師についていますから、学習内容の理解が進みやすいという特徴があります。

また、授業と合わせてWebサイト制作やアプリ制作などの数多くの課題をこなすので、効率的に学習を進めることができます。

フリーランスとして独立したい

CodeCampの講師には現役のフリーランスエンジニアも含まれており、彼らから「フリーランスとしての体験談や仕事の取り方」などを訊くことも可能です。

フリーランスエンジニアとしてのキャリアパスについても尋ねられるので、フリーランスとして独立したい方が受講することによるメリットもあります。

ただ、実際にフリーランスとして勤務するためには実務経験を積んでいないと無理です。

そのためまずはCodeCampで「プログラミングスキルを磨くこと」を優先し、日々の業務に役立てていくことから始めましょう。

\あなたに合った学び方を無料で相談/

CodeCampのおすすめコースと料金プラン

ここからはCodeCampのおすすめコースと料金プランについて解説しますので、実際に受講するかどうかを決める際の参考にしてみてください。

  • Webマスターコース
  • デザインマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • WordPressコース

Webマスターコース

e64dc7dce076a14d3466cea7d4cfd0fc - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampの中でも、プログラミングスキル習得によるWebサイト制作を目指す方におすすめなのが、「Webマスターコース」です。

WebマスターコースではWebサイト制作に必要な以下の言語を学び、ECサイトや掲示板機能、ログイン、パスワード認証機能付きのサイトを作ることを目指します。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

以下はWebマスターコースの受講期間や料金プランの一覧です。

コース名 Webマスターコース
学べる言語・スキル HTML,CSS,JavaScript,jQuery,PHP,Laravelなど
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
料金(税込) 2ヶ月:165,000円
4ヶ月:275,000円
6ヶ月:330,000円
身につくスキル Webサイト制作に必要な各種スキル

※出典:CodeCamp公式サイト

デザインマスターコース

6da6c578a4d7153a714fb2196be0013c - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampのコースで、Webデザインを習得したい方におすすめなのが「デザインマスターコース」です。

このデザインマスターコースでは、HTMLやCSSといったマークアップ言語、Illustrator,Photoshopなどのデザインツールの使い方を学べます。

また、Webデザインのみならずコーディングを学べるのもデザインマスターコースの特徴です。

コース名 デザインマスターコース
学べる言語・スキル Photoshop,Illustrator,HTML,CSS,JavaScript,jQuery
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
料金(税込) 2ヶ月:165,000円
4ヶ月:275,000円
6ヶ月:330,000円
身につくスキル Webデザイン制作に必要な各種スキル

※出典:CodeCamp公式サイト

Rubyマスターコース

7b9b161d377a40c05dfb7de44eed1e6c - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampの「Rubyマスターコース」はプログラミング言語のRubyとRuby on Railsを使用し、Webサービスを作成するためのスキルを習得できるコースです。

プログラミング未経験の方でもRubyを使用してWebサービス開発ができるよう、まずはHTMLやCSSといった基礎的なマークアップ言語を学びます。

そこからRubyを使ってより効率的な開発をするためのフレームワーク、「Ruby on Rails」の使い方も学びます。

コース名 Rubyマスターコース
学べる言語・スキル HTML,CSS,JavaScript,jQuery,Ruby,Ruby on Rails
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
料金(税込) 2ヶ月:165,000円
4ヶ月:275,000円
6ヶ月:330,000円
身につくスキル Webサービス開発に必要なスキル

※出典:CodeCamp公式サイト

Javaマスターコース

e64dc7dce076a14d3466cea7d4cfd0fc - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampの「Javaマスターコース」はプログラミング言語として有名なJavaを学びます。

Javaマスターコースでは、ネットワーク通信や社員情報管理システムなどの各種システム、アプリ開発スキルを習得できます。

また、Javaマスターコースではプログラミングに必要な「オブジェクト指向」という考え方を学べます。

そのためJavaマスターコースでは、PHPなどのほかのプログラミング言語にも応用できる考え方を身につけることが可能です。

コース名 Javaマスターコース
学べる言語・スキル Java,Javaサーブレット
受講期間 2ヶ月
4ヶ月
6ヶ月
料金(税込) 2ヶ月:165,000円
4ヶ月:275,000円
6ヶ月:330,000円
身につくスキル システム、アプリ開発に必要なスキル

※出典:CodeCamp公式サイト

WordPressコース

codecamp 1024x472 - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampの「WordPressコース」は世界的CMSであるWordPressのインストール、サーバーとテーマの設定、プラグインの導入などを学びます。

WordPressを使用したサイト構築の基礎をを学ぶことが可能です。

WordPressコースの受講をおすすめできる方は、以下のとおりです。

  • WordPressでサイトを開設したい方
  • WordPressを副業で使う方

WordPressコースでは人気テーマの「Lightning」を使用し、パソコンとスマホの両方に対応したレスポンシブサイトを開設する方法も学べます。

しかしWordPressコースでは、PHPを使用してゼロからWordPressのWebサイトを制作する方法は学べません。

「WordPressをカスタマイズしたい」、「WordPressテーマをゼロから作りたい」といった方は、Webマスターコースも併せて受講することをおすすめします。

コース名 WordPressコース
学べる言語・スキル WordPressの基礎、WordPressでサイトを開設する方法
受講期間 2ヶ月
料金(税込) 2ヶ月:165,000円
身につくスキル WordPressでWebサイトを開設し、簡単なカスタマイズができるスキル

※出典:CodeCamp公式サイト

\あなたに合った学び方を無料で相談/

CodeCamp無料カウンセリングの申し込み方法

「CodeCampに参加したいけど、自分に度のコースが合っているか分からない……」という方は、まず無料カウンセリングを受けてみましょう。

CodeCampの無料カウンセリングへの参加方法は次の手順で進めます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 希望日時を選択
  3. 無料会員登録
  4. 申し込み完了

①公式サイトにアクセス

codecamp 1 1024x367 - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

まずはCodeCampの公式サイトへアクセスし、トップページから「無料体験を試してみる」のボタンをクリックします。

②希望日時を選択

5e304dda84086e87801392d4d91e4e05 1024x517 - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampの無料体験予約画面で、自分にとって好都合な時間を選択します。

③無料会員登録

61db83e210cb0831b4141d8860dae72f 1024x533 - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

画像出典:CodeCamp公式サイト

CodeCampの無料体験予約画面で時間設定後は、無料会員登録画面が表示されるので、そこで無料会員登録を済ませます。

無料会員登録にはGoogleアカウント、Facebookアカウント、Twitterアカウント、Yahooアカウント、またはメールアドレスを使用できます。

④申し込み完了

各種アカウントかメールアドレスを使用して会員登録を済ませれば、CodeCampの無料カウンセリングへの登録が完了します。

\あなたに合った学び方を無料で相談/

CodeCampの評判に関してよくある質問

CodeCampの評判やメリット・デメリットに関する、以下のよくある質問や疑問点について回答していきます。

  • PHPはどのコースで学べる?
  • TechAcademyの料金と比べてどちらが安い?
  • CodeCampを受講すれば転職で有利になる?

PHPはどのコースで学べる?

PHPはCodeCampの「Webマスターコース」で学ぶことができます。

また、WordPressについてあまり知らない方で、「PHPを使ってWordPressのテーマを作りたい、テーマをカスタマイズしたい」といった方もいると思います。

「PHPを使ってWordPressのテーマを作りたい、テーマをカスタマイズしたい」方は「WordPressコース」も併せて受講することをおすすめします。

TechAcademyの料金と比べてどちらが安い?

スクール(期間) WordPressコース
CodeCamp(2ヶ月) 162,800円
TechAcademy(4週間) 社会人129,000円 / 学生89,000円
TechAcademy(8週間) 社会人179,000円 / 学生119,000円
TechAcademy(12週間) 社会人229,000円 / 学生149,000円
TechAcademy(16週間) 社会人279,000円 / 学生179,000円

WordPressコースを例にCodeCampと、プログラミングスクールとして知名度の高いTechAcademy(テックアカデミー)の料金を比較してみました。

2ヶ月あたりの料金はCodeCampのほうが安いので、料金面ではTechAcademyよりもCodeCampのほうがおすすめです。

\あなたに合った学び方を無料で相談/

CodeCampを受講すれば転職で有利になる?

CodeCampの「Webマスターコース」はWeb制作に必要なスキルを学べるコースです。最後まで受講すればエンジニアとしての転職が有利になるでしょう。

ただ、プログラミングの学習とは違って実際の勤務ではエラーが頻発しますから、エラーへの対処方法を知っておくことが大切です。

エラーへの対処方法を知るためには、例えば自分で「ECサイトを作る」と目標を定め、必要な作業を進める中でエラーに対処するということを繰り返しましょう。

エラーへの対処方法を知っていれば、実際の勤務を進めやすくなりますので、参考にしてみてください。

CodeCampでプログラミングを学ぼう

今回はプログラミングスクール、CodeCampの評判や各コースを受講するメリット、デメリットを解説しました。

CodeCampは「マンツーマンで授業を受けられる」、「担当講師を自分で選べる」という点が特徴のプログラミングスクールです。

こういった点からCodeCampは、以下のような方におすすめのプログラミングスクールだと言えます。

  • 自分のペースでプログラミングスキルを習得したい
  • 自分の好きな講師を選んで、マンツーマンで授業を受けたい
  • なるべく安い費用でプログラミングを学びたい

自分のやりたいことに合わせたCodeCampのコースを選択し、プログラミングスキルを身につけていきましょう。

\あなたに合った学び方を無料で相談/

今おすすめのプログラミングスクール
codecamp pr - CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介CodeCampは人気のプログラミングスクールの1つでありますが、今ならクーポン適用でお得に始められます!

通常10,000円OFFのクーポンが当サイト限定クーポンで15%OFF!

初心者に人気の「WEBマスターコース」の一番安い2ヶ月コースでも24,750円お得になるので、通常の2倍以上もお得になるんです!

クーポンコード

「 786889 」

この機会に是非CodeCampの無料カウンセリングから体験してみましょう!

CodeCampをもっと詳しく知りたい人は「CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介」をご覧ください。

クーポンの使い方と注意点
  1. 上記クーポンコードをコピー
  2. 無料カウンセリングを受ける
  3. 無料カウンセリング実施後のアンケートにクーポンコードを入力
  4. コードキャンプのメルマガ配信ツールにてクーポンをメルマガで受け取る
  5. メルマガに記載されているURLをクリックしていただき、遷移先のページでのボタンクリックでクーポンを取得
  6. 申し込み時にクーポン適用

※入学金は対象外 ※1万円OFFクーポンなどの他キャンペーンとの併用不可 ※CodeCampGATEの返金保証キャンペーンのみ併用可(返金額は15%OFFの金額です。) ※クーポンコードの期限はなし(ただし、クーポン取得後は7日間の利用期限があります)

\ クーポンで15%OFF /

おすすめの記事