亀梨和也、NHKドラマ『正義の天秤』は「いわゆる法廷ドラマではない、今までにない作品」 | RBB TODAY

亀梨和也、NHKドラマ『正義の天秤』は「いわゆる法廷ドラマではない、今までにない作品」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)NHK
  • (C)NHK
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 NHK土曜ドラマ『正義の天秤』が9月25日から放送される。このほど、同ドラマで主演する亀梨和也からコメントが届いた。


 同ドラマは、亀梨演じる医師から転職した天才弁護士・鷹野和也が、冤罪の悲劇に苦しみながらも数々の難事件の真相を暴き、事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリー。第1話では、鷹野和也(亀梨和也)が、名門・師団坂法律事務所に招へいされる。師団坂法律事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝したため、同じく弁護士の娘・佐伯芽依(奈緒)が立て直しのために呼んだという。鷹野が最初に担当するのは、釣りボート店でアルバイトをしていた被告人・保坂修(筧利夫)が、釣り客で大手飲食グループの社長・倉橋龍一郎(宮田博一)を溺死させた疑いで起訴された事件。通常なら“緊急避難”が適用され、無罪に出来る案件だが......。

 亀梨は同作について「自分とかけ離れた役を演じることに最初は不安もありましたが、いざ撮影が始まってみると違和感なく役に入ることができました。役名も和也でご縁を感じますし、野球好きという点も共通しているからかもしれません(笑)」とコメント。「鷹野は“常識的”な弁護や、表面的な解決はしません。その奥底には、鷹野という人間の魂があります。真実と向き合い、どうすれば弁護・治療ができるのか、自分なりの答えを出していく。いわゆる法廷ドラマではない、今までにない作品をお届けできると思います」と語っている。

 NHK土曜ドラマ『正義の天秤』は、25日21時から総合テレビで放送。
《KT》

関連ニュース

page top