横山めぐみ、田中邦衛さんを追悼「背中で芝居を見せてくれた」「邦さん、また逢いたいです」 | RBB TODAY

横山めぐみ、田中邦衛さんを追悼「背中で芝居を見せてくれた」「邦さん、また逢いたいです」

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 田中邦衛さんの追悼特別番組『北の国から'87初恋』(フジテレビ系)が3日に放送されて反響を呼ぶ中、今作で女優デビューを果たした横山めぐみから追悼メッセージが届いた。


 不朽の名作『北の国から』シリーズの3作目で、屈指の傑作『’87初恋』。同作では、田中さん演じる五郎の長男・純(吉岡秀隆)の初恋が描かれている。今作がデビュー作となった横谷は、その純の恋人・れいを好演し一躍注目を集めた。

 今回、そんな横山から所属事務所オスカープロモーションを通じて追悼コメントが寄せられた。

 “「北の国から’87初恋」は私の人生を変えてくれた作品です。邦さんと出逢えたこと、温かいお人柄に触れたこと、背中で芝居を見せてくれたこと、一生の宝物です。お疲れ様でした邦さん、また逢いたいです。”

 当時17歳だった横山。34年経った今も、田中さんの素朴で実直な演技は、彼女のみならず、多くの人々の胸に焼き付いている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top