映画『シン・仮面ライダー』2023年3月公開!監督・脚本は庵野秀明氏 | RBB TODAY

映画『シン・仮面ライダー』2023年3月公開!監督・脚本は庵野秀明氏

エンタメ 映画・ドラマ
『シン・仮面ライダー』 2023年3月公開 監督・脚本:庵野秀明 (c)石森プロ・東映
  • 『シン・仮面ライダー』 2023年3月公開 監督・脚本:庵野秀明 (c)石森プロ・東映
  • 『シン・仮面ライダー』 2023年3月公開 監督・脚本:庵野秀明 (c)石森プロ・東映
  • 『シン・仮面ライダー』 2023年3月公開 監督・脚本:庵野秀明 (c)石森プロ・東映
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

「仮面ライダー」生誕50周年を祝う会見が3日、都内で行われ、映画『シン・仮面ライダー』(2023年3月公開)の製作が発表された。


 会見では、東映取締役の白倉伸一郎氏が登壇。まずは、『シン・仮面ライダー』の特報が解禁されたが、映像内には、「脚本・監督 庵野秀明」の文字も。白倉氏からは「1971年、今からちょうど50年前に放送された『仮面ライダー』を基に、脚本・監督に庵野秀明さんを迎え、完全新作オリジナル映画作品『シン・仮面ライダー』を製作する運びとなりました」と発表。さらに、「このタイミング、今日この日にこの作品を発表できることを大変嬉しく思います。公開は2023年3月となります。」と作品について改めての説明が行われた。

 なお、庵野監督が実写作品のメガホンをとるのは、2016年公開『シン・ゴジラ』(総監督)以来のこと。なお、特報映像は4日以降、各地の映画館(一部を除く)でも放映が予定されている。そして、『シン・仮面ライダー』の制作にあわせて、庵野監督企画による、1971年放送「仮面ライダー」の出版企画も検討を開始したことも、あわせて発表されている。

 庵野監督は、「50年前、当時の小学生男子のほとんどが仮面ライダーという等身大ヒーローに憧れ熱中しました。自分もその一人でした。50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいという想いから本企画を始めました」とし、「エポックメイキングな仮面の世界を現代に置き換えた作品を、そして、オリジナル映像を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品を、目指し、頑張ります。最初の企画メモから足掛け6年。コロナ禍の影響による制作スケジュールの変更から公開はほぼ2年先となりましたが、何卒よろしくお待ち願います」とコメントしている。
《KT》

関連ニュース

page top