CGなしで撮影された奇跡の友情の物語『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』公開決定 | RBB TODAY

CGなしで撮影された奇跡の友情の物語『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』公開決定

エンタメ 映画・ドラマ
(C) 2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films
  • (C) 2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films
  • (C) 2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films
  • (C) 2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films
  • (C) 2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films
 映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』が、2021年2月26日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて劇場公開されることが決まった。


 同作は、11歳の少女ミアと小さなホワイトライオン・チャーリーがはぐくむ友情、そして家族の再生を通して、南アフリカの社会問題が映し出される作品。監督を務めるのは、映画『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』(2017)など、多くのドキュメンタリー作品を手掛けるジル・ド・メストル。南アフリカの社会問題である「缶詰狩り」(トロフィー・ハンティングの一部)をテーマにメガホンをとった。

 ライオンファーム経営のために家族で南アフリカに移った11歳のミア。クリスマスの日にファームにホワイトライオンのチャーリーが生まれた。初めは心を閉ざしていたミアだったが、まとわり付いてくる小さなチャーリーの世話をし、共に成⻑していくうちに互いに特別な友情で結ばれていく。

 3年の時が過ぎ、チャーリーの存在はファームにとっても観光客を呼べる重要な存在となっていた。そんなある日、ミアは父親が隠していた驚きの事実を知る。父親は囲いの中で野生動物をハンティングする「缶詰狩り」の業者にファームで育てたライオンを売っていたのだ。チャーリーを救うため、ミアはあらゆる危険に立ち向かいながら、ティムババティ野生保護区を目指し、南アフリカを横断しようと試みる。

 少女とライオンの関係性をリアルに描くため、ヨハネスブルグ近郊で野生動物保護区を所有・運営している動物研究家で保護活動家のケヴィン・リチャードソンが撮影に参加。実際に3年を超える年月をかけて撮影され、少女とライオンの友情はもちろん、南アフリカの大自然が映し出されたCGなしの圧巻の映像が完成している。

 主人公・ミアには、300人以上が参加したオーディションから抜擢されたダニア・デ・ヴィラーズが決定。長い月日をかけて築いた小さなホワイトライオンとの信頼関係を元に表現されるフレッシュかつ体当たりの演技に注目だ。また、ミアの母親・アリスには、メラニー・ロラン、父親にはラングレー・カークウッド、またミアの相棒となるチャーリーは、ダニアとの相性を見ながら選ばれたホワイトライオンのトールが人間さながらの演技をみせている。
《KT》

関連ニュース

page top