『ディープ・ブルー3』でハリウッドデビューの蒼れいなが意外な事実!サメがトラウマだった?! | RBB TODAY

『ディープ・ブルー3』でハリウッドデビューの蒼れいなが意外な事実!サメがトラウマだった?!

エンタメ 映画・ドラマ
蒼れいな(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 蒼れいな(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 蒼れいなメイキング(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 蒼れいなメイキング(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.https://cms.rbbtoday.com/ctmsArticleImageNewImageSpec/popup/680231
 人気サメ映画シリーズ最新作『ディープ・ブルー3』(ブルーレイ、DVD発売中)で、ミヤ役を務めた蒼れいなが同作の舞台裏について語っている。


 同作は、1999年公開の『ディープ・ブルー』、2018年公開の『ディープ・ブルー 2』に続くシリーズ第3弾で、遺伝子操作によって高度な知識を持った危険なサメから誕生した3頭の人食いオオメジロザメが、逃げ場のない海上で人々に襲い掛かるサバイバル・アクション。蒼は、作中で日本人科学者ミヤ・サトウ役を熱演。研究チームで常にモニターをチェックし、海中のスタッフを安全に目標へと導く存在で、仲間でもある恋人との関係も良好。真面目な一方、ふと日本語で暴言をつぶやく一面もあったりと、意外性あるキャラクターを全編英語で挑んでいる。

 サメとの死闘を繰り広げる作品だけに、手に汗握るシーンが多い点も見どころ。しかし、蒼は「私は子どもの頃に映画『JAWS/ ジョーズ』を観て以来、サメにトラウマがあったんです」と告白。しかし、「今回この『ディープ・ブルー3』が決まってからは、やはりサメとしっかりと向き合おうと思って。1と2をちゃんと観てから撮影に挑みました」とも。「今回の撮影を通じて、サメに対しても、海に対しても愛着が湧きましたね。もちろんサメが怖い存在であるということは変わらないですけどね(笑)」 と、自身の心境の変化を語った。

 作中で自身の演じるミヤというキャラクターについては「めちゃくちゃ口が悪いんですよね。日本語で暴言をつぶやくところは、監督から日本語で思いつく限りの悪い言葉で言ってくれと言われたんですけど、日本語ではそこまで悪い言葉はなくて(笑)でものびのびした役だったので、やっていて気持ちは良かったですね」とコメントした。

 最後に、同作の見どころについては「気持ちいいくらいの南アフリカの美しい海が映し出されていますし、ヒヤッとするようなスリルもあります。それからミアのピュアな恋もあります。本当に見どころが盛りだくさんなので、皆さんに楽しんでいただけるんじゃないかなと思っています」と伝えている。
《KT》

関連ニュース

page top