池江選手、世界にメッセージ……TOKYO2020 | RBB TODAY

池江選手、世界にメッセージ……TOKYO2020

エンタメ スポーツ
(C)Tokyo 2020 / 東京都
  • (C)Tokyo 2020 / 東京都
  • (C)Tokyo 2020 / 東京都
  • (C)Tokyo 2020 / 東京都
  • (C)Tokyo 2020 / 東京都
  • (C)Tokyo 2020 / 東京都
 東京 2020組織委員会は23日、ちょうど1年後に行われるオリンピックに向けて、メッセージを込めた映像を配信した。


 新型コロナウイルスに苦しむ世界。映像は、「一年後の今日、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろう」というメッセージが込められたもので、努力している世界中のアスリートたちが、いま、どのような思いでいるのか、アスリートの視点に立った構成となっている。

 主人公は競泳の池江璃花子選手。池江選手自身も白血病発症に苦しみ、これまで当たり前だった日常が急転した一人。新型コロナによって変わってしまった人々の暮らしとリンクする部分がある。映像では、池江選手が闘病する姿や、その後トレーニングを再開する姿を公開。「当たり前だと思っていた世界が一夜にして別世界のように変わる。それは私も大きな病気をしたからよく分かる」といった発言も。

 「人と会うこと、外を歩くこと、プールの中で全身を使って泳ぐこと、その全てがこんなにも愛おしく、こんなにも幸せだったなんて、病気の前は気づいていなかった」と、“困難”による再発見についても語り、最後は、池江選手が聖火を持つ姿が映し出され、「その炎は、まだ消えていない。」「アスリートのために、今できる最大限の準備をTOKYOはしたいと思う。」とのメッセージが流れる。

 池江選手は今回の決定について、「オファーを頂いた時は私でいいのかなと思いました。このような大役を自分にできるのかという不安もありましたが、話が進んでいくにつれ、こんな機会はもう無いかもしれないと思い、すごく楽しみだなという気持ちで引き受けさせて頂きました」とコメントしている。

《KT》

関連ニュース

特集

page top