清原果耶、映画初主演作で繊細演技......『宇宙でいちばんあかるい屋根』場面写真解禁 | RBB TODAY

清原果耶、映画初主演作で繊細演技......『宇宙でいちばんあかるい屋根』場面写真解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • (C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • (C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • (C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
  • (C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
 作家・野中ともそによる『宇宙でいちばんあかるい屋根』(光文社文庫)実写映画が9月4日に公開。このほど、同作の新たな場面写真が解禁された。


 同作は、女優・清原果耶の初主演作としても注目を集めている作品。隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する14歳の少女・つばめ(清原)。優しく支えてくれる父(吉岡秀隆)と、明るく包み込んでくれる育ての母(坂井真紀)。もうすぐ2人の間に赤ちゃんが生まれるのだが、幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。そんなつばめが好きなのは、書道教室の屋上でひとり過ごす時間。

 ある夜、唯一の憩いの場に星空を舞う老婆の姿(?!)が現れる。派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったらなんだってできるようになるんだ―」とはしゃぐ。最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのだが、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていく。

 解禁された場面写真では、目を大きく開き驚いた表情のつばめから始まり、父(吉岡)と育ての母(坂井)がベビーベッドを作っている様子を見ている姿や、書道教室の先生(山中崇)と本屋で何か会話している姿、教室でクラスメートたちと過ごす姿などが映されている。家族とともにベビーベッドを作っているシーンでは、一見笑顔で楽しそうな表情のつばめだが、内心は居心地の悪い感情がうまく再現されている。

 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、9月4日全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top