藤田ニコル、 自作映像が好評で映画監督業に意欲!「最終的には1本撮りたい」 | RBB TODAY

藤田ニコル、 自作映像が好評で映画監督業に意欲!「最終的には1本撮りたい」

エンタメ その他
藤田ニコル【撮影:non】
  • 藤田ニコル【撮影:non】
  • 藤田ニコル【錦怜那】
 藤田ニコルが、6日放送の『有田プレビュールーム 2時間SP』(TBS系)に出演。自作映像に対して高評価を受ける一幕があった。


 この日からスタートした同番組は、芸能人が今一番やりたいことをVTRとして制作。番組でのシリーズ化をかけて本気でロケに挑戦するバラエティ。

 昨年から始めたYouTubeをきっかけにカメラにハマり、自ら撮影から編集まで行っているニコル。しかもこれまでの撮影経験で、「女の子がどう撮られたいと思っているのかを自分なりに極めた」と豪語。そこで今回、世間にまだ知られていない新たな美女を“ニコル監督”が撮影することに。

 そこでイチ推しの人気モデルと多屋来夢と一緒に、事前に選んだ都内ロケ地を巡り、「エモい春」をイメージした彼女のプロモーションビデオを撮影。早速、川べりに咲く桜の木の下に多屋を立たせると、「私のことを彼氏だと思って」などと言いながら高画質6Kカメラで撮影。

 さらに、めったに笑わずクールな多屋の素の表情を引き出すため、小型カメラ「オズモポケット」を駆使し、撮られていることを意識させないように会話を交わす場面も。

 またタクシーでの移動中もスマホを駆使してタイムラプス動画を撮ったり、あえて懐かしのチェキで撮影して画質の荒い写真をPVのエッセンスにしたり。こうして5時間にわたる撮影が終了し、自らチョイスしたwacci『別の人の彼女になったよ』をBGMにプロモを編集した。

 スタジオでニコル監督の美女激撮動画を鑑賞した有田哲平は「鳥肌立っちゃった」、高嶋ちさ子も「(これまでのVTRより)急にグレードがあがった」と大絶賛。小泉孝太郎も「こんな素敵な動画を撮るんだ」と驚いていた。

 さらに矢田亜希子から「このまま映画監督になっちゃうんじゃないか」と言われると、ニコルは「最終的には1本撮りたい」と監督業にも意欲を見せつつ、「シリーズ化したいです」と懇願。有田からすぐ「シリーズ化」のボタンが押されると、「やったー!」と喜びつつも、「次に何を撮ろうか楽しみ」と早くも次回作の構想を練っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top