指原莉乃、アイドル卒業後に生活が変化…1個700円のミカンも購入! | RBB TODAY

指原莉乃、アイドル卒業後に生活が変化…1個700円のミカンも購入!

エンタメ その他
指原莉乃【写真:竹内みちまろ】
  • 指原莉乃【写真:竹内みちまろ】
 昨年4月にHKT48を卒業した指原莉乃が、11日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に出演。アイドル卒業後の生活の変化を赤裸々に語った。


 今年2月に引っ越したという指原。HKTを卒業したら給料が減ると思った彼女は家賃を下げようと決断。だが1年がかりで見つけた理想の物件の家賃が高かったため、「しょうがなく引っ越した」のだという。

 結果、以前のマンションより1,5倍の家賃になっていると告白。有吉弘行から「(以前が)100万だとしたら(今は)150万」と指摘を受けると、彼女は「初期設定がデカすぎます。そんなに高くない」と否定しつつ、専任スタッフであるコンシェルジュがいる物件と述べた。ちなみに引っ越し費用は200万円かかったそう。

 食生活も変化したとのこと。2年前、同番組で納豆入りカップ焼きそばを紹介していたが、現在は「デパ地下で1個700円のミカン」を食べていると明かされると、有吉弘行も「すごい!」と驚き。

 ただ彼女はこのミカンについて、現在開設している生配信アプリSHOWROOMの話題を持ち出しながら、「投げ銭」つまり課金してもらったユーザーに対し、こういうものにお金を使っていると伝えるために購入していると釈明。他には1個600円のりんごを食べているとも述べていた。

 アイドル時代と現在の収入の違いについて聞かれた指原は、「有吉さん、カラコンが売れてて……」と、プロデュースしているカラコンがヒットしているとニンマリ笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top