生田斗真、結婚当日の深夜までウエンツや岡田将生とリモート飲み | RBB TODAY

生田斗真、結婚当日の深夜までウエンツや岡田将生とリモート飲み

エンタメ その他
 タレントのウエンツ瑛士が7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、俳優の生田斗真と女優の清野菜名が結婚した当日、それを知らずに生田と深夜までリモートで議論や飲み会をしていたことを明かした。

 生田と清野は6月1日に婚姻届を提出したことが、生田の所属するジャニーズ事務所から発表された。

 ウエンツと生田は、共に小学生だった20年前からテレビ番組で共演し、親同士も仲良しという間柄。2人と俳優の岡田将生の3人は、コロナ禍の中で何かできないかと話し合っており、いろんなアイデアを思いついたのが生田らの結婚記念日となる6月1日だった。同日はリモートで話し合い兼飲み会を開催。議論は白熱し、深夜まで続いたという。

 生田のリモート画面にときどき清野が映り込むこともあり、「やけに菜名ちゃんがやってくるなと思った」とウエンツ。深夜2時ごろに全部の話がまとまった後、生田から「報告があります。結婚しました」と伝えられ、驚いたという。ウエンツは「既に斗真は酔っ払っていて、寝るしかないみたいな状態だった。本当に申し訳ないことをした」と反省していた。

 これを聞いたフリーアナウンサーの大橋未歩は「ウエンツ君、空気読めよと、清野さん側の気持ちになった」と語った。
《角谷》

関連ニュース

page top