ドラマ『隕石家族』出演中の北香那「ちょっと大人になり始めている結月に注目してください」 | RBB TODAY

ドラマ『隕石家族』出演中の北香那「ちょっと大人になり始めている結月に注目してください」

エンタメ 映画・ドラマ
ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
  • ドラマ『隕石家族』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
 巨大隕石の接近で、あと半年の運命にある門倉家の5人が次々と自分の正直な想いを“爆発”させるスペクタクルホームドラマ『隕石家族』(フジテレビ系)。主人公・門倉久美子を羽田美智子が務め、三角関係のもつれや借金など、波乱続きの門倉家の様子が描かれる。泉里香(長女・美咲役)、中尾暢樹(結月の恋人・森本翔太役)、中村俊介(久美子の高校時代の先輩・片瀬清人役)、天野ひろゆき(久美子の夫・和彦役)らが共演するほか、女優の北香那が門倉家の次女・結月役を演じている。


 今回、北香那のインタビューが公開となった。

ーー次女の結月という役について。

北:私自身は兄と妹がいます。長女だからか、周囲からはいつも私がお姉さんのように見られて育ち、妹は10歳年下の小学6年生。元気で何も考えていない能天気な妹は、みんなに可愛がられて何をしたって許されて自由で「羨ましいなぁ」と思っていたら、今回結月という妹役がいただけたので「この(妹の)感じを味わえるんだ!」とすごく楽しみにしていました。普段の自分と逆の立場の役を演じるのは新鮮ですね。

 結月と似ている点は、考えたらすぐ行動するところ。そこまで慎重にならない性格なので結月の大胆さはちょっと似ているかなと思います。それと「シスター・コンプレックス」という点も…。私の場合は、妹が好き過ぎるんです!何でも買ってあげたくなって、私のお金はほぼ妹に行っちゃっています(笑)。



ーー撮影前「次女の時間を楽しみたい」と言っていましたね。

北:普段から「自分がもっとしっかりしないと!」と思っているので、最初は次女役を掴むのが難しくて「どうしたらいいんだろう」とずっと考えていました。それが少しずつ砕けてくると何だかラクになって、お芝居をするも楽しくて、どんどん結月を好きになって…。役を引きずっているのか、今ではプライベートで家にいる時もちょっとワガママになっています(笑)

 役を演じている時も、カメラが回っていない時も、ママ(羽田)は優しいし、パパ(天野)は笑わせてくれるし、お姉ちゃん(泉)はすごい綺麗で。現場では本当に次女になった気分で身を任せて、次女の時間を十分に味わっています!



ーー「最近、羽田さんに似てきた」と言われていますね。

北:天野さんと松原(智恵子)さんから言われました。羽田さんから「親子で一緒にいると似てくるって言うから似てきたのかな」と言われ、あんなお綺麗な方に似ているなんておこがましいと思ったのですが実はすごく嬉しくて。今は本当の家族みたいな気持ちになっているので「ママに似てるって言われた~」と1人でにやにやしちゃいました(笑)

 “家族”の話で言えば、顔合わせの時に「隕石が接近しているとしたら?」と聞かれて「普段ちまちま、お金を使っているので高い焼肉屋さんに行きたいです」と言ったら、羽田さんと天野さんが「今日行こう!」と言ってくれたんですけど、その日は行けなくて。お2人はその後も「番組が終わったら、みんなで絶対会おうね」「その時は結月が食べたいって言っていた焼肉にしようよ。絶対行こうね!」と言ってくれているんですが、撮影中もなかなか行けてなくて…。いつか行きたいなと思っています!



ーードラマの中でナレーションも担当していますね。

北:ドラマの中で色々な事が起きて、それを少し振り返ったような感じで冷静になって話すというナレーション作業は、以前やらせていただいた声優(※)とは一味違うので、その点は監督さんが色々アドバイスをしてくださいました。自分がシーンを演じた上で、自分の事や家族の事を客観的に見て話すというのはすごく勉強になりました。

※2008年アニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』で主人公の小4男子アオヤマの声を担当。

ーー門倉家のとっておきのエピソード教えてください。

北:先日、結月にとって大事なシーンの撮影があり、テストの段階でも家族みんながウルウルするような感動的な感じになって「よし、本番」とカメラを回したら、演じるうちに感情が高まったパパが「うっ、ぐっ」と嗚咽をし出して、それが「ぶひっ」ってなったんです。それを聞いたママが吹き出し、みんなも笑い出したから私も思わず「笑わないでよ~」と言ってしまい、みんなで泣き笑いのようになりました。

 実はそのシーンの前にママが「笑いながら泣く事ってすごく色んな人の心を動かせる術なんだよ」と言っていて、それが意図せず本番で起きるというその感じが「なんか門倉家っぽいなぁ」と思いました。そのシーンは第7話ですので、ぜひ楽しみにしていてください!



ーー視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

北:相変わらず色んな感情が行ったり来たりするような楽しいドラマになっています。結月にも色んな心情の変化があり、ちょっと大人になり始めている時なので、注目して見ていただけたら嬉しいです。

《KT》

特集

page top