【3月の中古スマホランキング】近いうちに王者逆転?!iPhone 8の販売がiPhone 7と同水準に | RBB TODAY

【3月の中古スマホランキング】近いうちに王者逆転?!iPhone 8の販売がiPhone 7と同水準に

IT・デジタル スマートフォン
写真はイメージです(価格は現在のものではありません)
  • 写真はイメージです(価格は現在のものではありません)
 中古スマホの販売などを行うゲオホールディングスが、3月の中古スマホ人気ランキングを発表。

 2月に好調な推移を見せたiPhone 8は、3月になって、さらにiPhone 7を猛追。ほか、特価で販売された商品が買取上位に食い込む結果となった。


■販売
・docomo
【1位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 27,800円
【2位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 34,800円
【3位】Apple iPhone7 32GB 2016年9月16日発売 22,800円

・au
【1位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 29,800円
【2位】Apple iPhone7 32GB 2016年9月16日発売 18,800円
【3位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 24,800円

・SoftBank
【1位】Apple iPhone7 32GB 2016年9月16日発売 19,800円
【2位】Apple iPhone8 64GB 2017年9月22日発売 29,800円
【3位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 24,800円

・その他
【1位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 32,800円
【2位】シャープ AQUOS sense 2 2019年1月25日発売 18,800円
【3位】ASUS Zenfone Max M2 2019年3月15日発売 19,800円

 価格もこなれてきて、いずれのキャリアでも上位に食い込んでいるiPhone 8シリーズ。ゲオの小林氏は3月の販売状況について、「docomoとSoftBankではiPhone 7とiPhone 8の販売数の差もほぼなく、来月から再来月ごろには順位が逆転しそうな勢いです」と予想。

 SIMフリー端末については「iPhone 7がトップの売れ行きですが、2位以降は急上昇している機種も多く、変動の激しい結果となっています」と解説している。なお、SIMフリー端末部門でも、iPhone 8(64GB)が躍進。上位三傑を惜しくも逃したものの、4位に食い込む結果となっている。価格は39,800円で、キャリア版と比較してやや高額だが、さらに価格が落ち着いてくればトップ3も近いのではないか。

 続いては、買取ランキング。こちらもiPhone 7とiPhone 8が上位を独占。ほか、比較的新しいAndroid端末も目立った。その理由とは一体・・・?

■買取

・docomo
【1位】サムスン GALAXY A20 2019年11月1日 5,500円
【2位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日 16,000円
【3位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日 12,000円

・au
【1位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日 9,000円
【2位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日 14,000円
【3位】Apple iPhone 7 32GB 2016年9月16日 8,000円

・SoftBank
【1位】Apple iPhone 8 64GB 2017年9月22日 13,000円
【2位】Apple iPhone 7 128GB 2016年9月16日 9,000円
【3位】Apple iPhone 7 32GB 2016年9月16日 8,000円

・その他
【1位】富士通 ARROWS M05 2019年12月18日 10,000円
【2位】Apple iPhone7 128GB 2016年9月16日発売 19,000円
【3位】Huawei nova lite 3 2019年2月1日発売 9,000円

 ここ数ヶ月にわたって買取ランキング上位を占めるiPhone 7(128GB)とiPhone 8(64GB)は、3月も引き続き上位に。また、2019年発売のAndroid端末が上位に顔を見せている。これについて、ゲオの小林氏は「OCNモバイルで特別価格で販売されていた『ARROWS M05』が一気に1位まで順位を上げており、また、docomoとauで特別価格で販売された『GALAXY A20』もdocomoで1位、auで5位となっている事から、特別価格で販売される機種は、買取にも多く持ち込まれている事が実証される結果となりました」と解説した。

 新型コロナウイルスが世界で猛威をふるい、Appleの新製品発表にも影響が及んでいると、海外メディアを中心に伝えられている。近く発表が噂されていた廉価版端末は、はたして本当に登場するのか、登場するとしたらそれはいつになるのか?先を見れば、例年9月に発表されていた新フラグシップ機のiPhoneは、今年も登場するのか?これらの動向も、中古端末の販売・買取と密接に関わってきそうだ。
《KT》

関連ニュース

page top