紀平梨花、四大陸フィギュア連覇に向けトップスタート “封印”トリプルルッツも決めた | RBB TODAY

紀平梨花、四大陸フィギュア連覇に向けトップスタート “封印”トリプルルッツも決めた

エンタメ その他
紀平梨花 (c)Getty Images
  • 紀平梨花 (c)Getty Images
  • 紀平梨花 (c)Getty Images
 紀平梨花が、6日放送の『四大陸フィギュアスケート選手権in韓国』(フジテレビ系)女子ショートプログラムで首位発進。大会連覇に弾みをつけた。


 おなじみの楽曲「ブレックファスト・イン・バグダッド」に乗り、最初のトリプルアクセルを無理なく決めた紀平。続くトリプルフリップ、トリプルトウループのコンビネーションも危なげなくクリア。今シーズン故障のため回避していたトリプルルッツも完璧で、スピン、ステップ全てレベル4を獲得した。

 シーズンベストはグランプリシリーズカナダ大会で記録した81,35点だったが、今回はそれに近い81,18点をマーク。圧巻のトップスタートとなった。

 試合後のインタビューでは、安堵の笑顔を浮かべながら「しっかりアクセルを綺麗に決めることができた」と振り返りながら「フリップ、トウループはもう少しスピードと流れがあったら良かった」と課題を見つけた様子。怪我で封印していたトリプルルッツについては「不安はあったが、しっかり決めることができた」と手応えを感じていた。

 フリーでは4回転も注目される。このまま独走なるか。なお坂本花織は4位、そして樋口新葉が5位につけている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top