一家に一体は欲しい美女ロボットも登場!『ロボット2.0』場面写真解禁 | RBB TODAY

一家に一体は欲しい美女ロボットも登場!『ロボット2.0』場面写真解禁

人間との恋に破れ、コントロール不能となったロボット「チッティ」が人類と敵対し暴れまくる姿を描いた前作『ロボット』。その続編となる『ロボット2.0』が、10月25日に日本でも公開となる。このほど、同作の場面写真が解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
  • (C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
  • (C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
  • (C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
 人間との恋に破れ、コントロール不能となったロボット「チッティ」が人類と敵対し暴れまくる姿を描いた前作『ロボット』。その続編となる『ロボット2.0』が、10月25日に日本でも公開となる。このほど、同作の場面写真が解禁された。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 今作は、突然、インドの街からすべてのスマートフォンが消えたところからスタートする。携帯業者や通信大臣がスマホに殺されるという殺人事件が次々に発生。バシー博士(ラジニカーント)は助手のニラー(エイミー・ジャクソン)とスマホの行方を追ううちに、無数のスマホが合体し巨大な怪鳥に変身していることを突き止める。

 やがて、巨大怪鳥は人類を襲いだし、軍隊でも抑えきることのできないモンスターと化す。バシー博士は、かつて封印された、伝説のロボット「チッティ」を復活させ、人類を守ることを思い立つ。しかしそれはインド中を巻き込んだ、壮大なバトルの幕開けとなった。

 主演と務めるラジニカーントは、親の職業を受け継ぐ世襲制が根強いインドにおいて、芸能界とは無縁の一般家庭出身のうえ、バスの運転手から俳優へ転身、そしてトップスターへと駆け上がった、まさに奇跡のような存在。御年68歳の彼が今作で演じるのは、前作に引き続きインド最強のおじさんロボット「チッティ」と、チッティを開発したロボット工学の専門家・バシー博士の2役。そして、今最も注目されているボリウッド女優の1人、エイミー・ジャクソンが美人ロボット・ニラ―を演じている。頭脳良し!スタイル良し!美しい!一家に一体は欲しくなるロボットにも注目だ。

 なお、9月28日、29日に代々木公園イベント広場で開催される、日本最大級のインド・フェスティバル「ナマステ・インディア2019」にて、同作とタイアップしているインドレストラン「インド料理ムンバイ」のブース前にてコラボ企画の実施が決定。非売品の「チッティ」グッズがもらえるチャンスもあるので、あわせて注目だ。

 映画『ロボット2.0』は、10月25日に日本公開。
《KT》

関連ニュース

特集

page top