ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』日本公演決定!主演は葵わかな・木下晴香 | RBB TODAY

ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』日本公演決定!主演は葵わかな・木下晴香

ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』が、2020年3月上旬から4月下旬にかけ、東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演されることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
ミュージカル『アナスタシア』
  • ミュージカル『アナスタシア』
  • ミュージカル『アナスタシア』
 ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』が、2020年3月上旬から4月下旬にかけ、東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演されることが決まった。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 同作は、第70回アカデミー賞で歌曲賞、作曲賞にノミネートされたアニメ映画『アナスタシア』に着想を得て制作されたミュージカル。1918年、帝政ロシア時代の最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ一族が殺害されたというニュースがあふれる中、皇女アナスタシアだけは難を逃れて生き続けているという歴史上の謎「アナスタシア伝説」をもとづいた物語だ。記憶を無くした主人公アーニャが、自分の過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路が描かれる。

 ブロードウェイ公演は、2017年3月にプレビュー公演を経て、4月24日に開幕。以降、2019年3月まで2年間にも及ぶロングラン上演となった。その他、2018年10月からはスペイン公演、北米ツアー、11月からのドイツ公演に続いて、今年9月にはオランダ公演の開幕も予定されている。

 今回、日本公演で主演のアーニャ役を演じるのは、今年『ロミオ&ジュリエット』でミュージカルデビューを果たした葵わかなと、ディズニー実写映画『アラジン』のプレミアム吹き替え版ジャスミン役で話題の木下晴香。

 葵は、「日本初演、アジア初演のこの作品に携わることが出来てとても光栄です」と喜びをコメント。「アーニャは力強い美しさを持った女性です。記憶がないという孤独の中で、夢と希望を持って愛を探す冒険に出ます。楽曲、衣装、舞台装置、どれもお話の世界観を感じるとても素敵なものです。ブロードウェイからいらっしゃるクリエイティブチームの皆さんと、海外作品ならではのダイナミックさを作りながら、日本にしかない繊細さをプラスしていけたらと思います」と意気込んでいる。

 一方の木下は、「日本初演の舞台に参加させていただくのは初めてで、今までと少し違うワクワクと緊張がありますが、素晴らしいクリエイティブチームの皆さん・キャストの皆さんと、この作品にもっと深く触れる日々をとても楽しみにしています。この作品は、アーニャの人生を軸として、成長や家族、恋心、信じるもの・・・その輝きや温もりに気づける魅力が詰まった作品です。素晴らしい舞台をお届けできるよう、全力で努めます。よろしくお願い致します」と呼びかけた。

 ミュージカル『アナスタシア』は、2020年3月上旬から4月下旬にかけ、東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。
《KT》

関連ニュース

page top