山崎紘菜、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』でラグビーに興味のない女性社員役に | RBB TODAY

山崎紘菜、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』でラグビーに興味のない女性社員役に

7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を獲得した山崎紘菜の出演が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
山崎紘菜
  • 山崎紘菜
 7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を獲得した山崎紘菜の出演が決まった。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 同ドラマの主演は大泉洋。大泉が演じるのは大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振と巨額の赤字にあえいでいた。ラグビーの知識も経験もない君嶋はGMを任されるが、チームを再建できるのか?共演に松たか子、高橋光臣、眞栄田郷敦、笹本玲奈、西郷輝彦、大谷亮平、渡辺裕之、中村芝翫、上川隆也らも決定している。

 そんな同ドラマで山崎が演じるのは、トキワ自動車の社員・中本理彩。あまりラグビーに興味のない女性社員の役だ。第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を獲得し、現在は映画や舞台で活躍する一方、陸上競技で鍛えた170センチの長身を活かし、モデルとしても活動中の山崎。役どころとは正反対に、ラグビー大好きな彼女がどのように中本を演じるのかに注目が集まる。

 山崎は、「この作品の製作が発表されてから、実は密かにこの作品に出演する事を心から熱望していました。その夢が叶い、さらに福澤監督の下で、壮大な企業の、そして人間の熱き魂のこもったドラマの一員になれたことを光栄にそして誇りに思います」と、喜びをコメントしている。

 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)は、7月7日スタート。毎週日曜よる9時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top