【Interpets(インターペット) 2019 Vol.10】室内犬の排泄物を自動収納するトイレ「わんわんマイスター」 | RBB TODAY

【Interpets(インターペット) 2019 Vol.10】室内犬の排泄物を自動収納するトイレ「わんわんマイスター」

生活雑貨の開発・販売を手掛ける企業ジャパン・ファーストステップが、東京ビッグサイトで28日より開催されている「Interpets 2019」(インターペット 2019)にて、室内犬用センサー式 全自動化トイレ「わんわんマイスター」を展示した。

ライフ ペット
「わんわんマイスター」(小型犬用/ピンク)
  • 「わんわんマイスター」(小型犬用/ピンク)
  • 「わんわんマイスター」(中型犬用/グリーン)
  • ジャパン・ファーストステップのブース
 生活雑貨の開発・販売を手掛ける企業ジャパン・ファーストステップが、東京ビッグサイトで28日より開催されている「Interpets 2019」(インターペット 2019)にて、室内犬用センサー式 全自動化トイレ「わんわんマイスター」を展示した。

 高感度センサーによって排泄物を処理してくれるもの。仕組みとしては、排せつを終えた愛犬がトイレから降りて5秒経つと作動。専用シートがゆっくりと糞を巻き取っていく。途中で愛犬がシートの上に戻ってくると巻き取りはストップ。いなくなったことを感知すると、再び動き出すようになっている。さらに、シーツが残り2メートルになると警告灯が点灯し、替え時であることを知らせてくれる。

 巻き取った糞は、排せつボックスに収納される。専用シーツは1ロールにつき30メートルで、中型犬1匹あたり約10日分の排泄に対応可能だ。本体価格は中型犬用・小型犬用共に188,000円(税別)、専用シーツは3ロールで6,000円(税別)。2019年8月から発売開始となる。
《こじへい》

関連ニュース

特集

page top