登坂広臣、中条あやみの手つなぎシーン解禁 | RBB TODAY

登坂広臣、中条あやみの手つなぎシーン解禁

登坂広臣、中条あやみが主演を務める映画『雪の華』が2月1日に全国公開となる。このほど、登坂が演じる綿引悠輔と、中条演じる平井美雪の初デートシーンが解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (C)2019映画「雪の華」製作委員会
 登坂広臣、中条あやみが主演を務める映画『雪の華』が2月1日に全国公開となる。このほど、登坂が演じる綿引悠輔と、中条演じる平井美雪の初デートシーンが解禁された。


 同作は、冬ラブソングの名曲である中島美嘉のシングル「雪の華」が映画化された作品。余命を宣告された主人公・美雪の夢は2つ。1つは両親が出会った約束の地・フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、人生で初めての恋をすること。ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔に助けられる。悠輔が男手ひとつで兄弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかける。この、かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。

 そんな同作でこのほど解禁されたのは、中条演じる美雪の人生で初めてのデートシーン。悠輔(登坂)の到着を待つ美雪は、ドキドキが止まらない。しかし戸惑いを隠せない悠輔は、どこか面倒くさそうに現れる。そんな悠輔に「よ!待たせてごめん、みたいなのがいいです、笑顔でちょっと照れたように」と、理想の恋人の演技指導をする美雪。美雪のリクエストに応える悠輔のぎこちない姿が微笑ましいシーンとなっている。

 また、今回、一足早く同作を鑑賞した著名人からコメントが数多く到着。『舟を編む』『まほろ駅前多田便利軒』などで知られる作家の三浦しをんは、同作について「早くもう1回観たい。人間ドラマとしても楽しめて、美雪と悠輔という2人を応援したくなる、ラブストーリーの“王道”と言えると思います」とコメント。作家や写真家として活躍する蒼井ブルーは、「控えめな性格の持ち主に思えた美雪が、短期間で劇的といってよいほど大胆に変化してゆく様子を、僕は最初、戸惑いにも似た気持ちで眺めていたのだが、これは変化ではなく開放なのだ、と悟ってからは、彼女の『全開』をただ一心に願った。夢や希望を持てないときは、自分で自分をあきらめているときだ」と語った。

 このほか、「雪の華」作曲家の松本良喜は「『雪の華』の映画化は、楽曲の作者として大変嬉しく思います。1人でも多くの方に観に来て頂き、『雪の華』の世界観を描いた美しい映像と素晴らしいキャストの皆様が紡ぐ感動的なストーリーを音楽と共に堪能して頂ければ幸いです」と呼びかけている。

 映画『雪の華』は、2月1日より全国ロードショー。
《KT》

関連ニュース

page top