映画「ボヘミアン・ラプソディ」では語られなかった、フレディ・マーキュリーの最後の秘話とは? | RBB TODAY

映画「ボヘミアン・ラプソディ」では語られなかった、フレディ・マーキュリーの最後の秘話とは?

12月13日よる7時57分から放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)では、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の空前のヒットによって注目を集めている伝説のロックバンド「QUEEN」について特集が組まれる。

エンタメ 音楽
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 12月13日よる7時57分から放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)では、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の空前のヒットによって注目を集めている伝説のロックバンド「QUEEN」について特集が組まれる。


 「QUEEN」は、1971年にイギリス・ロンドンで結成された、ボーカルのフレディ・マーキュリー、ギターのブライアン・メイ、ベースのジョン・ディーコン、ドラムのロジャー・テイラーによる4人組ロックバンド。今でこそ伝説として語り継がれる彼らだが、デビュー当時はイギリスの批評家たちから酷評されていた。しかし、日本では音楽雑誌の特集がきっかけで、若い女性層の間では気鋭のアーティストとして注目を集めることに。「QUEEN」が初来日したのは1975年4月。本国・イギリスとは対照的に、3,000人を超える熱狂的な日本のファンに迎えられることになる。「QUEEN」の日本公演は大成功。彼らは自分たちをスターとして愛してくれた日本に引かれていくことに。特に、フレディ・マーキュリーはプライベートで何度も来日するほど、日本や日本文化に傾倒していった。

 番組では、「QUEEN」への取材経験のある音楽評論家・今泉圭姫子や、フレディ・マーキュリーが来日する際には必ず警護をしていたボディーガードの伊丹久夫氏ら、「QUEEN」をよく知る関係者からの証言や秘蔵映像、秘蔵写真などと共に、「QUEEN」がなぜ日本人に愛されるのか、そして彼らはなぜ日本を愛したのか、その真相に迫っていく。また、「QUEEN」にとって初めてイギリスのヒットチャートで1位を記録した、名曲「ボヘミアン・ラプソディ」内の「Mama, just killed a man(ママ、人を殺してしまったよ)」という歌詞に秘められた謎や、日本でもなじみ深い「ウィー・ウィル・ロック・ユー」の誕生秘話、さらに映画『ボヘミアン・ラプソディ』では語られなかった、フレディ・マーキュリーの最後の日々に隠された秘話なども明らかされる。

 このほか、番組では『おしん』(NHK/1983年~1984年)、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系/1990年~)など数々のヒットドラマを生み出してきた脚本家・橋田壽賀子を特集。橋田がたどりついた独自の人生観に、子役時代に橋田さんの作品への出演経験もある坂上忍が迫るほか、橋田の熱海の自宅で行われた直撃インタビューでは、彼女が「私の時代は終わった」と語った真意や、知られざる最愛の夫との出会いと別れ、『おしん』や『渡る世間は鬼ばかり』の驚きの誕生秘話、さらに坂上がどうしても直接聞きたかったという「安楽死宣言」の真相まで語りつくす。なお、同日のスタジオゲストには、世良公則、森公美子が出演する。
《KT》

関連ニュース

page top