南沙良、松坂桃李主演の映画『居眠り磐音』で、時代劇に初挑戦 | RBB TODAY

南沙良、松坂桃李主演の映画『居眠り磐音』で、時代劇に初挑戦

2019年5月17日公開で、松坂桃李が主演をつとめる映画『居眠り磐音』にて、女優・モデルとして活躍する南沙良が時代劇に初挑戦している。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)Iida Erika
  • (C)Iida Erika
  • (C)Iida Erika
 2019年5月17日公開で、松坂桃李が主演をつとめる映画『居眠り磐音』にて、女優・モデルとして活躍する南沙良が時代劇に初挑戦している。



 同作は、全著作の累計発行部数が6300万部を超える、作家・佐伯泰英のエンターテインメント時代小説が原作。原作「居眠り磐音」は、51巻を数える一大シリーズで、累計発行部数2000万部を突破した、佐伯の代表作。平成で最も売れている時代小説シリーズと称され、佐伯にとって、最高傑作にして初の映画化作品となる。

 舞台は江戸。2人の友人を失い、許婚を残したまま脱藩した、主人公・坂崎磐音(松坂桃李)が、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦うさまが描かれる。時代劇史上、最も優しいと称される主人公だけに、時に下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る姿に注目の作品だ。

 南は、松坂桃李演じる、坂崎磐音の妹として、兄を心から慕う純真な娘・坂崎伊代を演じる。芳根京子演じる、磐音の許嫁である奈緒とも仲が良く、磐音の不在中に奈緒らに起きた出来事を目撃していたことから、とある真実が明らかになっていく。監督は、『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』などの本木克英が務め、脚本は、大河ドラマ『平清盛』や、時代劇『ちかえもん』の脚本を手掛けた藤本有紀が務める。

 映画『居眠り磐音』は、2019年5月17日から全国で公開予定。
《KT》

関連ニュース

page top