錦戸亮の先輩、科捜研法医の美人科長役で小雪の出演が決定......ドラマ『トレース~科捜研の男~』 | RBB TODAY

錦戸亮の先輩、科捜研法医の美人科長役で小雪の出演が決定......ドラマ『トレース~科捜研の男~』

2019年1月7日スタートの錦戸亮主演ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)に、主人公を陰で支える上司で科捜研法医科科長役に小雪が決定した。錦戸とは今回が初共演となる。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 2019年1月7日スタートの錦戸亮主演ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)に、主人公を陰で支える上司で科捜研法医科科長役に小雪が決定した。錦戸とは今回が初共演となる。


 真野礼二(錦戸亮)は、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員。「鑑定結果こそが真実」ーー他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着。そんな真野は、何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまい、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることに。一方で被害者や残された遺族に感情移入していく科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ(新木優子)。真実を追い求めるあまり“暴走”する真野に巻き込まれて結局は手伝わされるはめになる。

 真野とは全く逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し、犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平(船越英一郎)。部下や科捜研の真野らにきつく当たるが、根底には真野と同様、被害者のことを思う人情も。そんな虎丸は真野が事件に隠されている真実を求め奮闘する姿を見て心が動かされていき......。

 そんな同作で小雪が演じるのは、錦戸演じる「科捜研の男」真野礼二の先輩で良き理解者である科長・海塚律子。しかし、実は彼が抱える陰惨な過去に関わりも?科捜研を舞台に繰り広げられる事件の数々、現場に残された痕跡(=トレース)はどんな真実の欠片を示すのか。そこから導き出される鑑定結果とは?

 小雪は同作への出演決定について、「錦戸さんや船越さんをはじめ、今回共演する方々は初めての方が多く、役柄のキャラクターもそれぞれ深いので、どんな掛合い・展開になるか今から楽しみです。捜査が解決に進む過程で、科捜研で繰り広げられる経過など様々な視点からドラマ全体を楽しめたらと思っています」とコメントを残している。

 また、今回、科捜研法医研究員の相楽一臣役で山崎樹範、同じく水沢英里役で岡崎紗絵、警視庁捜査一課の刑事・猪瀬祐人役で矢本悠馬、沢口ノンナ(新木優子)の妹役で山谷花純、警視庁鑑識課の刑事・沖田 徹役で加藤虎ノ介、科捜研法医科研究員・市原 浩役で遠山俊也、警視庁捜査一課長・江波清志役で篠井英介の出演も発表されている。

 ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)は、2019年1月7日スタート。
《KT》

関連ニュース

page top