常盤貴子、TBS日曜劇場で19年ぶり弁護士役で主演! | RBB TODAY

常盤貴子、TBS日曜劇場で19年ぶり弁護士役で主演!

女優の常盤貴子が、2019年1月スタートのドラマ『グッドワイフ』で、19年ぶりにTBS日曜劇場で主演することが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 女優の常盤貴子が、2019年1月スタートのドラマ『グッドワイフ』で、19年ぶりにTBS日曜劇場で主演することが決まった。

 同ドラマの原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された『The Good Wife』。テレビ版のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞している。そんなドラマで常盤が演じるのは、16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子(はすみきょうこ)。杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦として エリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。ところがある日突然、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。さらに女性スキャンダルまで明らかになり、よき妻として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変することになる。

 夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。そして司法修習生時代の同期の助けでその同期が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。杏子が久しぶりの仕事の雰囲気に戸惑いながらも、任された事件としっかりと向き合い、依頼人に寄り添いながら解決していく姿に注目の同作。常盤が同作で、信念とプライドで運命を切り拓いていく女性をどう演じるのかに期待が高まる。なお、常盤が、TBS日曜劇場で主演を務めるのは、『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』以来、19年ぶりのこと。

 常盤は、同作での杏子という役柄について、「普通の主婦だった女性が弁護士に復帰する事になるのですが、(私が演じる杏子は)本当に普通の主婦だ と思うんです。でもだからこそ、子どもたちを守るという母親としての想いや、夫を支えるという想い、 そういうものも普通に兼ね備えているし、特別変わった事をするような弁護士ではないと思っています」とコメントを残した。

 このほか、同期の弁護士・多田征大(ただまさひろ)役を小泉孝太郎、杏子の夫に立ちはだかる最大の敵で、夫に代わり、東京地検特捜部長の席に座る脇坂博道(わきさか ひろみち)役を吉田鋼太郎、杏子の夫の部下だった特捜部員・佐々木達也(ささきたつや)役を滝藤賢一、 新人弁護士・朝飛光太郎(あさひこうたろう)役を北村匠海、さらに神山多田法律事務所で多田と共同代表を務める神山佳恵(かみやまよしえ)役を賀来千香子がつとめることなどが決まっている。

 ドラマ『グッドワイフ』は、TBS系で2019年1月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top