吉岡里帆、ギターをかき鳴らして主題歌熱唱......映画『音量を上げろタコ!』ライブイベント | RBB TODAY

吉岡里帆、ギターをかき鳴らして主題歌熱唱......映画『音量を上げろタコ!』ライブイベント

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で主演する主演の吉岡里帆と阿部サダヲが、一夜限りのライブイベントに登場。主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をサプライズでデュエットした。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
  • (C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
  • (C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
  • (C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
  • (C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日)で主演する主演の吉岡里帆と阿部サダヲが、18日にTOHOシネマズ 新宿 スクリーン9にて開催された一夜限りのライブイベントに登場。主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をサプライズでデュエットした。

 同作では、4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シン阿部サダヲが演じ、シンとは対照的に異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかを吉岡里帆が熱演。初挑戦となったギターと歌唱は撮影前、半年間にわたり猛特訓を重ね、並々ならぬ覚悟と気合いでふうかの魅力を最大限に引き出している。2人のほか、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらが集結。個性派俳優たちがスクリーンでどのような暴れぶりを見せているのかに注目の作品だ。

 この日、観客からの「シン&ふうか」コールに迎え入れられる形で登場した阿部と吉岡。緊張気味ながらも阿部と声のチューニングを済ませて歌に入った吉岡だったが「緊張しすぎて...もう一回やらせてください!」とテイク2の仕切り直しも、ギターをかき鳴らして、熱唱を聴かせた。グループ魂のボーカル・破壊としても活躍している阿部は、歌いながら会場を駆け巡る熱狂のパフォーマンスを披露。一夜限りの奇跡のパフォーマンスに、本編上映後の観客はさらに盛り上がった様子だった。

 全力パフォーマンスを終えた阿部は「冒頭1分ですべてを出し切った」と笑わせつつ「リハーサルの方が良かったという感じ。お客さんがいると逆になんだかわからなくなった。リードを外されたような犬の気持ちです」と珍しく緊張気味。人生初歌唱を終えた吉岡も「みなさんが温かく迎え入れてくれたので何とか歌えました。もうステージに出る前から涙が上がったり下がったり...その繰り返し!」とこちらも大緊張の表情だった。

 最後に吉岡は、同作のテーマである『やらない理由を見つけるな』を引き合いに出して「ギターも歌も皆さんの前で披露するのは初めてで、こんなに緊張することがあるんだとビックリしたけれど、やれてよかったと思います。やらないよりはやった方がいい!」と自分に言い聞かせるように頷き、「みんな大好き~!」と叫んで、この日のイベントを終えた。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、現在公開中。
《KT》

関連ニュース

page top