芥川賞受賞作、村田沙耶香『コンビニ人間』の累計発行部数が100万部突破 | RBB TODAY

芥川賞受賞作、村田沙耶香『コンビニ人間』の累計発行部数が100万部突破

村田沙耶香による第155回(2016年)芥川賞受賞作『コンビニ人間』(文藝春秋)の重版がこのほど決定し、累計発行部数が102万5000部となった。

エンタメ その他
芥川賞受賞作、村田沙耶香『コンビニ人間』の累計発行部数が100万部突破
  • 芥川賞受賞作、村田沙耶香『コンビニ人間』の累計発行部数が100万部突破
  • 芥川賞受賞作、村田沙耶香『コンビニ人間』の累計発行部数が100万部突破
 村田沙耶香による第155回(2016年)芥川賞受賞作『コンビニ人間』(文藝春秋)の重版がこのほど決定し、累計発行部数が102万5000部となった。

 主人公は、36歳未婚、彼氏なし、コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれると感じている。同書は、今年9月に文庫版が発売。三省堂書店、TSUTAYAなど複数の書店チェーンで9月の文庫部門第1位となるなど、好調な売れ行きを見せている。また、英語(アメリカ、イギリス)、フランス語、ドイツ語、中国語(簡体字、繁体字)など9ヶ国・地域で翻訳出版されるなど、世界でも高く評価されている作品だ。

 6月にアメリカ版が刊行されると、ニューヨーク・タイムズなど大手メディアが一斉に紹介。また、今月、村田沙耶香がイギリスを訪れた際には、大手書店チェーン・フォイルズでフィクション部門4位を記録。同書店によると、「今年もっとも売れている本の一冊」とのこと。書店イベントも満席となった。

 村田はイギリスでもっとも歴史ある文学祭「チェルトナム文学祭」でも2度登壇。今後はカナダ、アメリカの書店にも足を伸ばす予定だ。ヘブライ語、ギリシャ語、オランダ語などの翻訳も決定しており、現時点で、26の国と地域での刊行が決定しているので、グローバルで今後も注目が予想される。『コンビニ人間』(文藝春秋)は、現在発売中。
《KT》

関連ニュース

page top