三上博史、14年ぶり映画主演……『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』 | RBB TODAY

三上博史、14年ぶり映画主演……『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』

三上博史が14年ぶりに映画主演を果たす『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』が、2019年1月よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなることが決定した。このほど、メインビジュアルもあわせて解禁されている。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018 SOULAGE
  • (C)2018 SOULAGE
  • (C)2018 SOULAGE
  • (C)2018 SOULAGE
  • (C)2018 SOULAGE
 三上博史が14年ぶりに映画主演を果たす『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』が、2019年1月よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなることが決定した。このほど、メインビジュアルもあわせて解禁されている。


 同作の舞台は、歌舞伎町のラブホテル。警察官の間宮はビデオカメラをセットして、勤務中にもかかわらずデリヘル嬢の麗華とお楽しみ中。そんな濡れ場に、間宮の妻で婦警の詩織が踏み込んでくる。取り乱した間宮が麗華を銃で撃ち、死体処理のためにヤクの売人ウォンが呼ばれる。その時、デリヘルのマネージャー・小泉が、麗華を探して現れる。登場人物はすべてがワル。一瞬にしてパワーバランスが逆転する、シーソーゲームの先にあるものは?そもそも、なぜカメラを回しているのか!?主演をつとめる三宅に加え、酒井若菜、波岡一喜、三浦萌、阿部力が出演。他にも、伊藤高史、柴田理恵、樋口和貞が作品を彩る。

 今回解禁されたメインビジュアルは、挑発的で危険な香りが満載。物語に張り巡らされた伏線を暗示するように、すでに罠が仕掛けられている!?と思ってしまうような仕上がりになっている。

 主演の三上は、同作について「敬愛する俳優、波岡一喜さんや、酒井若菜さんらがいる。役者冥利に尽きます」と語り、「だからこそ、そんな、痺れるような長い長~い、長回しの撮影の瞬間に、ぼくらの魂の”何か”が映っているはずです。どうか、皆さんがその”何か”を発見し、楽しんでくださいますように心から願っています」と呼びかけている。

 『LOVEHOTEL に於ける情事と PLAN の涯て』は、2019年1月より全国ロードショー。
《KT》

関連ニュース

page top